2017.07.13 寄稿

(寄稿)どろんこ作業所手づくり山で買い物(1)

文・寺田ひとみ

 

6月27日にどろんこ作業所手づくり山で買い物をした。2月20日に初めて行ったので、今日は2度目だ。

 

どろんこ作業所というところが西東京市東伏見6の1の36の東伏見小学校内にある。そこでは身体に障がいのある方たちが集まって、職員の誘導のもとで陶器や小物を作っている。それを販売しているのがどろんこ作業所手づくり山だ。そこでは仕入れた鉢花もたくさん売っていて、どれも安い。

 

2月に行ったときは、陶器のランプシェードや人形、サラダボウル、猫の置物、ネックレス、ブレスレット、メガネチェーン、絵はがき、鉢花を数種買い、5000円ほど払った。大人買いだ。でも、こんなに買って5000円というのは安いと思った。

 

今回は平皿を2枚、小鉢を2つ、ブレスレット、鉢花2つを買い、3000円ほど払った。やっぱり安い。

 

作品はどれも個性的で温かみがあり、見ていると心が癒される。どれも気に入っているが、特に気に入ったのは2月に買ったランプシェードだ。一つは大きくてピンクで、魚やペンギンやろうそくの型抜きがされていて、中の電池式ろうそくをつけると、ほのぼのとする。小さいランプシェードは灰色で、三角や丸の型抜きがされている。人形はひょうたんに紙の服が着せてあり、飾りもたくさんついていて、中に大豆が入っていて、振るとカラカラ音がして楽しい。マラカスみたいだ。

 

見ているだけでもワクワクして心が温まる作品ばかりなので、皆さんぜひ行ってみてください。手づくり山は西東京市泉町2の20の20サンハイツ泉1F(042・421・5611)。保谷・志木線に面していて、保谷郵便局の少し北です。

 

(寺田ひとみ 西東京市在住 主婦)

寺田さんの写真

 

[リンク]

次・どろんこ作業所見学記