2017.07.14 イベント

紙芝居で「戦争」伝える

 

西東京市の紙芝居サークル「はとぽっぽ」では、この時季恒例の「紙芝居で見る 戦争ってどんなこと?」を市内各所で実施している。

 

紙芝居上演で、戦争の悲惨さを子どもたちに伝えていく活動。今後の予定は以下。

 

◆25日(火)、同市田無児童館。午後2時30分から。作品は「原爆の子さだ子の願い」ほか。

 

◆29日(土)、同市中央図書館。午前11時から。作品は「父のかお母のかお」ほか。

 

◆8月5日(土)、アスタセンターコート。午後1時からと3時からの2回。作品は「クロ シベリア抑留者とともに」ほか。

 

詳しくは同会(042・461・9936)へ。