2017.08.22 イベント

熊野から「あの世」を考える

熊野から死の国を考えてみよう――東海大学望星学塾では、全5回の連続講座「あの世と妖しの日本歴史~第5弾中世編その2『死の国熊野』」を開く。

 

 今回は特に、小栗判官を中心に考察する。最終回では、史跡巡りもする。9月7日から10月5日までの木曜日に開催。

 講師は日本大学非常勤講師の渡邊浩史さん。定員20人、各回1000円(最終回は別途)。

 詳しくは同塾(0422・51・0161)へ。