2017.09.29 九星気学

 

 

[全体運]

 

二十四節気の寒露(8日)、霜降(23日)と続く10月は、歴の上ではもう晩秋。午後の5時ともなれば闇も深まるころですか、日中は天高く、気持ちのよい秋晴れの日も多いものです。

 

この『タウン通信』エリアでは、年によってはこの時季、まだ弱いセミの鳴き声を聞くことがあります。金モクセイの香りを楽しみながら、季節の移ろいを味わうことができるのです。

 

20日からは、秋の土用にはいります。このころ、からっと晴れた日が2日ぐらい続いたら、虫干しには最適の季節。

 

大切な書画骨董、自作品などをしまってある方は外に取り出し、ほこりを払い、風を通してお手入れをすると気分もスッキリ、運気があがります。

 

特に人の念のこもった美術品などは、ほったらかしにしておくと、よくない気をまといはじめます。逆に、よく手入れをするとよい気を放ちはじめるから不思議です。

 

今月はどの本命星の方も、脳、心臓、血圧などに要注意です。そろそろインフルエンザの予防接種など、冬に向かっての健康対策も心がけたいところです。

 


 

[九星別運勢]

 

一白水星 

出るクイは打たれる。低姿勢と節約精神で本来の実力を発揮。

 

なんとなく周囲がざわついて、自分の言動も上調子になりやすい。できる人ほど自信過剰に陥って、自分の首をしめることも。投機や勝負事には手を出さないほうが無難。一白本来の地道な粘り強さを発揮して、従来の仕事をこなしていくと、意外ないところで評価される。昔なじみの知人と会って、生き方のヒントを得るなど、楽しめることが多い。

 

二黒土星 

ホット一息、水辺の行楽にツキ。仕事は無理せず、無駄口厳禁。

 

ウワサ話や無駄なおしゃべりは、トラブルのもと。仕事関係でも、仲間の悪口大会にはくわわらないこと。今月はバリバリ働くより、ちょっとゆる目にいったほうがいい。疲れた心身は水のエネルギーで癒される。温泉も有効。仕事をはなれて、秋景色を満喫する旅はおすすめだけれど、出費は超過傾向。店の人にのせられて、高価なお土産品を買ってしまったり・・・。

 

三碧木星 

気力回復、本業もスムーズ。遠方にいい話あり、婚活も快調。

 

先月のだらけモードから気分一新。万事にやる気が充実して、公私ともいい調子ですべりだす。商談もまとまりやすく、特に遠方からの話が狙い目。昔の知人に会ったり、過去の資料がでてきた場合には、注目してみて。参考になることも多いはずだから。交際中の異性とは結婚の気運が高まる。今月のひと押しで、相手もその気になりそう。

 

四緑木星 

周囲が騒々しく、ミスやトラブル多発。詐欺、怪電話に注意。

 

小さなミスであわてたり、逆に、よさそうな話に舞い上がってはいけない。今月、最も必要なのは平常心。そして、いつもの仕事にも細心の注意をはらって。ふと心をひかれるような話がもちかけられたら、独断はやめて、家族や信頼できる知人に相談をして。旅先、出先での落とし物、忘れ物にご用心。軽い体操でリラックスすることも大切。

 

五黄土星 

弱り目にたたり目。自信も裏目にでるから、積極策は禁物。

 

いつもの五黄ならできることでも、今月ばかりはまるでダメ。カンも狂って、物事、想定外の方へ行ってしまう。ここはおとなしく、仲間や家族の意見に耳を貸した方がよさそう。不動産など大きい取り引きにからんだ、うまい話がきたら、すべて怪しいものと考えて。印鑑、書籍の扱いは特に注意して、絶対に手をつけてはいけない。

 

六白金星 

運気上昇、本業にも身が入る。が、出会う異性は本命に非ず。

 

気分は上向きで、仕事にも集中できる。一方で飲食の楽しみもあり、けっこうモテていい雰囲気。ただし、ここであまり調子にのってはダメ。今回出会う異性は、ただの友達として軽くつき合うだけにして。相手があまり熱心だったら、逃げるが勝ち。将来、悩みのタネになるから。今月は何事も、あまり深く考えすぎず、本業にいそしむのがよさそう。

 

七赤金星 

頓挫もあり、状況の変化に注意。上司、先輩が頼りになる時。

 

出だしはよいが、予想外の状況にほんろうされそう。予定変更も、スムーズにはいかない。親戚関係ではちょっとしたトラブルも。一方、上司、先輩など目上との関係は快調で、大いに力になってくれるはず。迷ったり困ったりした時は、まずは相談してみるとよい。スポーツや山歩きのチャンスも多そうだけれど、足腰を痛めないよう、無理は禁物。

 

八白土星 

正攻法で恋も仕事も、いい感じ。飲食の席での出会いも大切に。

 

物事まとまりやすく、やりかけだった仕事も完了。交渉事は相手のペースに合わせることがよく、あれこれむずかしく考えすぎないほうがよい。賑やかで楽しいことも多く、パートナー募集中の人はチャンス。開運色の赤に注目。自分が身につけることもいいし、また、赤い色がふと目についたら、つぎのステップに踏みだしてみたい。

 

九紫火星 

調子にのりすぎると横ヤリも。ケンカの原因は我にありそう。

 

気力も自信も充実。リーダーシップも発揮できる反面、予想外の抵抗にあうことも。そんな時はいったん止まり、よく反省してみて。今月の対立は、自分の出方に問題があるはず。吉凶とも、同じようなことが続いておこりやすい。よいことがあったら、そのまま進み、悪いことがあったら、止まって、すべての行動を控え目に。

 


 

[鑑定家]

野村徳子/九星研究家。著書に『よくわかる気学(東洋占星術)入門』(弘文出版)、『よい名前のつけ方』(同)、『寺院参拝』(国際情報社)、『はすの花 共時性と予兆の秘密』(新風舎文庫)ほか。