2018.01.26 小平市

ママが紡いで18年 リトミックサークル「マザーズカンパニー」

<子育てヨーイ、ドン!>

小平市で活動する「マザーズカンパニー」。音楽を聴いて音のイメージを表現し、リズムに合わせて身体を動かす音楽教育法の「リトミック」を取り入れた子育てサークルで、2001年から活動しています。

 

市内で開かれる出産前の母親学級に参加したメンバーを中心に発足したもので、これまでに500組以上の親子が参加し、卒業していった同サークル。現在は、同サークルに参加していた15名の母親で運営しており、活動場所の予約やブログによる広報などの準備を行なっています。

 

講師を務めるのは、音大でリトミック科を卒業した服部利さん。「自分が親だったら、子どもを入れたくなるようなサークルでありたい。大学時代、先生はリトミックのことを『大きな器をつくるもの』だと話していました。音楽を通じて、“感覚”という大きな枠の成長を促し、子どもの成長に携わることができれば幸いです。それが、自分のできる社会貢献だとも思っています」

 


<取材レポート>

まずは、みんなでごあいさつ。

 

ピアノの音の速さに合わせて、ゆっくり歩いたり、早歩きするのが楽しいようで、最初からテンションMAXの子どもも!

 

歌に合わせた手遊び。講師の服部さん(=写真奥)の躍動感がすてきです。

 

 

 

 

 

 

見てください、この楽しそうな表情。親子でのスキンシップって大事なんだな、と改めて感じます。

 

次は、折り紙を使った工作コーナー。

 

 

 

折り紙でつくったカメラとフィルムで……

 

 

 

撮影会を行います。「パシャ、パシャ、パシャ!」と擬音をつぶやきながら、夢中になる子どもたち。

 

その後も、ピアノのリズムをハンドベルで繰り返したり……

 

 

 

ママさんおすすめの本の朗読があったり……

 

 

 

ダンボールや毛糸を使った工作があったりと、盛りだくさんの内容。羊が完成すると、服部さんが演奏する「メリーさんの羊」に合わせて、子どもたちがうれしそうに手遊びをしていました。楽しそうな子どもの表情って、本当に癒されます。

 

<サークル情報>

マザーズカンパニー

活動は各クラス月2回。各クラスや活動日などの詳細は、下記リンクのブログからご確認を。

 

http://motherscom.blog.fc2.com

 

 

<編集者の一言>

「ああ、いいサークルなんだな」と感じたのは、すでに卒業したママさんたちでサークルの運営をしていると聞いたとき。今回、窓口になってくださった同サークルの結城さんが取材にも立ち会ってくださったのですが、その時に「自分たち親子が参加して本当に良かったと思えたので、サークルの存在を広めていきたいんです」と話していました。結城さんと同じような思いを持った15人のママさんたちが協力して、サークルの運営をしているのだそうです。

 

自分の子どもはもう卒業しているにも関わらず、限られた時間をサークルに割こうと思えるのは、すごいことですよね。講師である服部さんの人望でもあるのだと思います。

 

取材の最後に、ママさんの一人から「集合写真を撮ってくださいませんか?」と相談をされたのですが、それもサークルの雰囲気の良さを表すエピソードかと。「こういう、すてきなサークルが地域にあるんだなあ」と、なんだかうれしい気分になり、親子1組ずつの写真も撮らせていただいた石川でした。

 

(文・石川裕二)