2018.01.31 地域情報

約3年のみ存在した、西武新宿線の幻の駅名!?

<地域ネタ掘り出し隊!>

タウン通信編集部の石川です。本日は、取材で「上保谷駅」まで足を運んできました(=写真)。……え? そんな駅名は聞いたことない? それもそのはず。なぜなら、「上保谷駅」は、1927年(昭和2年)から29年のわずか3年間のみ存在した駅名なのです。

 

では、一体、どうして1929年に駅名が変わったのでしょうか。それには、とある神社の建立が深く関わっていました。

 

「とある神社」というのは、京都の伏見稲荷大社のこと。関東地方に住む稲荷の信仰者が「東京にも伏見稲荷大神の分霊を奉迎したい」と熱望したことから創建されたのが、東伏見神社だったのです。

 

かつての「上保谷駅」が、現在ではどこの駅なのか、もうお分かりですよね。そう、「東伏見駅」です。ちなみに、東伏見という地名は、神社が建てられてから付いたもの。それに合わせて、西武新宿線の駅名も「上保谷駅」から「東伏見駅」に変更となりました。京都の伏見に対して「東」ということですね。

 

現在の東伏見駅前には、ダイドードリンコアイスアリーナ(東伏見アイスアリーナ)がありますが、時代が時代なら、「東伏見駅」ではなく「アイスアリーナ前駅」になっていたかも……?

 

(文・石川裕二)