2018.03.02 グルメ

「グランエミオ所沢」内覧会レポート!(前編)

 

タウン通信編集部の石川です。

 

さてさて、西武鉄道沿線を利用している方なら、駅などの広告を見て気になっていたのではないでしょうか。そうです! 本日3月2日、所沢駅構内にオープンした商業施設「グランエミオ所沢」です!! 実はこの原稿を書いている1日に、プレス用の内覧会があったので、石川もお邪魔してきました。

 

写真を多めに掲載する都合で、前・中・後編に分けて掲載したいと思います。前編と後編だけ見て、中編を見逃さないでくださいね(小説とかでたまにあるパターンです)!

 

 

えー、見てきた感想を一言で書きますと、「所沢駅近隣にお住まいの方はいいなあ」です。同駅を乗り換えで利用する方も、一度改札を出る価値ありです。タウン通信の配布エリアである西東京・東久留米・小平の方にも、ぜひ足を運んでみてほしいです。

 

なぜかというと、「どこに行っても代わり映えしない」という、よくある店舗ラインナップからの脱却にあると思います。それもそのはず、出店テナント77店舗の内、37店が西武鉄道沿線初出店! 今まで以上に所沢で楽しめちゃいます、ショッピング。飲食系は特に充実しているように感じました。

 

あとは、子育て世代への配慮もきちんとされていたので、「電車で都心まで出るのは大変だけど、所沢なら……」というママさんにもオススメしたいです。どの辺が配慮されているのかも、記事内で触れていきますね。

 

さてさて、お待たせしました! それでは、一緒に「グランエミオ所沢」を見ていきましょう。1〜4階までありますよ!!

 

 

所沢駅に到着〜! グランエミオは東口に位置しています。

 

ちなみに、駅からグランエミオ(2階)直結の改札もできました。せっかくなので1階から見ていきましょうか!

 

1階は食品・日用品フロア。グロサリーを中心に、生鮮三品・惣菜など食の専門店が集まっています。天井が高く、開放感があるのがいいですね。

 

石川が最初に気になったのはこちら! 青果店の「京都 八百一」さん。西武鉄道沿線初出店です。

 

「えーーーー、こんな野菜見たことない!」というものまで、品揃え多数。

 

 

食卓が華やかになりそうですね。陳列の仕方がステキ! 見ているだけでも楽しくなります。

 

こちらは鮮魚店の「魚力」さん。魚は、毎朝、バイヤーの方が市場で買い付けた新鮮なもの。

 

 

 

わ〜、食欲をそそられます。

 

お次は精肉店「TAKAGI FOODS」さん。西武鉄道沿線初出店です! この写真を見ると、通路が広いことにお気づきになるかと思います。ベビーカーを利用する方を想定して、施設全体の幅員を広くしているとのこと。

 

 

 

……じゅるり(ヨダレをすする音)。おいしそうなものばかり見ていると、お酒が飲みたくなってしまいますね。

 

 

 

そんな時は、グロサリーを担う「ザ・ガーデン 自由が丘」さん! 写真を見てもらえれば分かる通り、お酒をはじめ豊富なラインナップを取り揃えています。「地元のお酒」というコーナーでは、同じく西武鉄道沿線の飯能が誇る日本酒「天覧山」や、西武ライオンズとのコラボビールなどの取り扱いもありました。

 

 

「ちょっとお惣菜のほうも見てみましょうかね……」と歩いていると、なぜか生肉が並んでいます。こちらは、西武多摩湖線「八坂駅」近くの人気店「焼肉レストラン 八坂 あら川」さん。ショッピングセンター初出店です! なんと、お肉だけ焼いてもらって持ち帰ることができるのです! これは新しいですね。

 

 

 

黒毛和牛の雌牛にこだわり続けた同店の味をそのままに楽しめるということで、お弁当もとんでもなくおいしそうです……。

 

 

 

おいしそうなケーキもずらり。よりどりみどりです。

 

レストスペースで一休み。

 

週をまたいで月曜日に「中編」、火曜日に「後編」をお届けします! 「前編」を見て待ちきれない、という方はぜひ足を運んでみてくださいね。

 

 

(文・石川裕二)

 

[関連記事]

次へ「グランエミオ所沢」内覧会レポート!(中編)