2018.03.07 地域情報

西東京と東大和でアイススケート!

<地域ネタ掘り出し隊!>

過去最高のメダル獲得数もあり、日本中が大いに盛り上がった平昌五輪。その熱はいまだ冷めやらず、出場したアスリートのテレビ出演が続いているほかにも、9日にはパラリンピックの開催を控えています。

 

平昌五輪の中でも特に盛り上がったのが、羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダルを獲得した男子フィギュアスケートではないでしょうか。「フィギュアスケートを間近で見てみたい」「自分も久しぶりにスケートをしてみたい」と思った方も、決して少なくないはず。そんな方にオススメしたいのが、西東京市・東久留米市・小平市周辺にあるスケートリンクです。

 

まずは、西東京市の東伏見駅前にある「ダイドードリンコアイスアリーナ」。年間を通じて一般開放しているだけではなく、フィギュアスケートやアイスホッケーの大会にも使用されています。また、スケート教室を開催しているので、子どもに習わせてみたいという方もぜひ。26日から29日まで「春休み短期集中スケート教室」も開かれます。

 

小平市の方は、東大和駅前の「東大和スケートセンター」もオススメ。こちらも、年間を通じてアイススケートを楽しむことができます。

 

ダイドードリンコアイスアリーナHP

https://www.seiburailway.jp/guide/rec/fushimi/

 

東大和スケートセンターHP

http://www.seibu-leisure.co.jp/web/iceskate/index.html

 

<編集者の一言>

フィギュアスケートって人気ですよね。以前、タウン通信の紙面で、アイスショーの観覧チケットの読者プレゼントを行なったところ、いつもとは比べものにならない量の応募ハガキが届いたのをよく覚えています。

 

さてさて、9日から開催されるパラリンピックには、西東京市からパラアイスホッケー日本代表の高橋和廣選手が出場しますよ! みんなで一緒に応援しましょう!!

 

(文・石川裕二)

 

[次のシリーズ記事]

グリーンロードの彫刻の主は一体だれ?

 

[過去のシリーズ記事]

地域ネタ掘り出し隊!【12月〜2月まとめ】