2018.03.08 お知らせ

『別冊タウン通信』配布スタート

 

タウン通信編集部の石川です。

 

昨日7日から、『別冊タウン通信』(第3号)の配布がスタートしました! 今回の第1特集は「春の食 〜地元で味わう本格グルメ〜」として、タウン通信が推奨する10店舗を紹介。本特集は、表紙の「新日本料理 るたん」さん以外のお店を石川が取材をしています。

 

掲載店舗については、代表の谷と2人で「このお店はぜひ知ってもらいたいよね」と打ち合わせ。「地元に、こんなにおいしいお店があったんだ!」と思ってもらえるような、自信を持ってオススメできる飲食店ばかりです。

 

今回は西東京市・東久留米市(一部)・練馬区(一部)でのポスティング配布。田無駅改札前のデジタルサイネージのラックにも置いてありますので、普段はWeb版しか見ていないよという方も、ぜひお手に取ってみてください。

 

グルメ特集については、一部店舗を除いてWeb版のオリジナル記事を掲載していきますので、お楽しみに。

 

 

これは裏話というほどではないのですが、石川は飲食店の新規アポイントの際は、実際にお店に足を運んで食事をし、会計時に、手紙と一緒に企画書をお渡しすることが多いです。

 

というのも、電話をして「取材させてください」とお伝えしても、お店の方に「いきなり何だろう……」と怪しまれてしまうのではないかと。直接顔を見てもらった状態でお話ししたほうが、信頼感が増すと思うのです。

 

もちろん、電話一本で済ませてしまったほうが業務効率的にはいいのですが、なるべく自分がモヤモヤしない仕事をするように、と心掛けています。

 

ただし、スケジュールの都合で夕食時のアポイントが重なると、短時間で2食分の食事をすることになり、お腹がぽんぽこりんになってしまうというリスクもあるのですが……。

 

19日(月)の更新では、そば店「進士(しんじ)」の記事を公開いたします。そばとお酒、いいですよねぇ。飲食店の記事を通じて、地域のみなさんの毎日が、より彩りあるものになれば幸いです。

 

(文・石川裕二)