2018.03.30 九星気学

 

 

[全体運]

 

4月は二十四節気では清明(せいめい)と穀雨(こくう)があって、いよいよ春が実感されるころです。草木が芽吹きはじめて、その姿を明らかにし、五穀(米、麦、粟、黍、豆)をうるおす恵みの雨が降ってくるのです。

 

これからしばらくはどんどん日がのびて、陽の気が深くなっていきます。1年の中でも、最も活力のある時季です。

 

お花見や山歩きなど、春の行楽もたけなわといったところでしょうが、この時節、自然と触れ合って陽の気をチャージすることは、運気アップという観点からみても、理にかなったことですね。

 

今イチ沈滞気味だ、という方は、まずは外へでて太陽の光を浴びてみてください。体のなかのやる気スイッチがカチッと入るのが感じられたら、運気上昇のサインです。

 

今月は、どの本命星の方も、呼吸器系の故障に要注意。特に、日ごろから喉の弱い方はいったん痛めると長びきます。寒の戻りで風邪をひきこまないよう、ご用心。

 


 

 [九星別運勢]

 

一白水星 

好調のなかに誘惑の落とし穴。旅先での冒険も常識の範囲で。

 

行楽シーズンを満喫、楽しめる反面、ちょっと浮かれて油断もあり。モテて調子にのっていると、予想外の展開にあわてることも。総じて恋愛問題は吉凶両極端だから、本気になるほど、慎重に進める必要がある。仕事や研究の分野では、これまでの努力が認められて、いい評判が立つ。ただし、隠し事はバレやすいから、心当たりのある人はご用心。

 

二黒土星 

万事、詰めをしっかりと。大きい買い物や投資は見送りたい。

 

いい流れにのれるが途中変化もあって、一筋縄ではいかない。状況に応じた柔軟な対応が必要だが、最も大切なことは最後を上手にまとめること。ここで気を抜くと、苦労も水の泡。花に誘われて旅にでるのもいいけれど、のんびり、ゆる目の行程がよさそう。時間に追われてあわてると、落とし物、忘れ物が多発してストレスがたまってしまうから。

 

三碧木星 

出会い多く、コミュニケーション力が生きる。再出発も好調。

 

大勢の席でも主役を張れる時で、ステップアップのチャンス。髪型や服装も含めて自分を上手に演出して、公私にわたり、望むところを堂々と発表してみたらいい。人との交流から新しい何かが生まれたり、また年長者や有力者が力になってくれたりもする。パートナー募集中の人はしっかり発信すれば、きっとうれしい応答がある。

 

四緑木星 

仕事をセーブして、体を休めて。のんびり、一人の行動も必要。

 

外出多く、超多忙。そのため気分も落ちつかず、せっかくの頑張りも空回り気味。今月は体調が落ち込む前に、まずは休養をとって。遊びの誘いも多いけれど、人との交流で気を使いすぎることも問題。余暇には、一人でのんびりする時間をつくってほしい。パワースポットは、大きい木のある静かな神社や公園。歩いていると、自分自身を取り戻せる。

 

五黄土星 

行楽の季節満喫、旧友との再会は吉。忙しい分、金運もあり。

 

遊びも仕事も、そして人のお世話も忙しい。でも、気分はゆったり、なんでも余裕で楽しめるところが今月のいいところ。思いがけない金運に恵まれるものの、出費もかさむから預金が殖えることはないもよう。家族や親戚とのつながりが密になって、意外なファミリーヒストリーの話題がでたりする。ご先祖に思いを馳せることで、ふとひらめくことがありそう。

 

六白金星 

積極策でバリバリいけるが、小憩も必要。空気をよく読んで。

 

頼もしい行動力は六白金星の長所だけれど、とかく言動が一本調子になりやすい。周囲をよく見て、時には多少の駆け引きも必要。特に今月の交渉事は、話がオーバーだったり、ただのウワサだけだったりすることもあるから、慎重に。独断で突っ走るのではなく、信頼できる仲間や目上の人たちと歓談しながら、意見をきいてみたらいい。

 

七赤金星 

人込みや大勢の席ではトラブル多発。無難第一で喧嘩は厳禁。

 

社交家の七赤金星は、一方では対人トラブルに悩まされることも多い。今月は、そんな負の現象がおこりやすい。人にイヤなことを言われても、笑って受け流して。また、旅先では落とし物、盗難の危険もあるから、貴重品は必要最小限に。イライラや疲れた気分をしずめるには、ホットミルクやココアが有効。ホッとできるひと時を大切にして。

 

八白土星

人に頼られ雑用がふえる。古い問題の再燃には係わらないで。

 

ちょっとお疲れ気味なのに、何やかやと問題がおこりそう。人の恋愛相談で悩むより、クローゼットや靴箱の整理をしたほうが精神衛生にいい。特に、物の下のほうを片づけると、意外なお宝がでてくることも。余暇は、家族や気心のしれた仲間と里山歩き、ありはサイクリングなど楽しんでみては。一人で出歩くと落とし物、忘れ物をしそうだし。

 

九紫火星

仕切りなおして出発!周囲の協力もあり、チャンス到来。

 

年長者、有力者の覚えめでたく、頑張れば頑張っただけのかいがある。ただし、結果がでるのは少し先だから、焦りは禁物。地味な努力がやや苦手な九紫だけれど、ここはじっくり、ガマンのしどころ。今月は人間関係が好調で、同世代や年下の人たちのなかにあってはリーダー役。雑談では、珍しい話、おもしろい話、役に立つ話もいろいろとび出す。

 


 

[鑑定家]

野村徳子/九星研究家。著書に『よくわかる気学(東洋占星術)入門』(弘文出版)、『よい名前のつけ方』(同)、『寺院参拝』(国際情報社)、『はすの花 共時性と予兆の秘密』(新風舎文庫)ほか