2018.04.05 地域情報

寄贈の送迎車を前にピ~ス 療育型児童デイサービスに日本財団から

先頃、西東京市にある「療育型児童デイサービスさざんか第5」(ひばりが丘3の1の23)に、日本財団から送迎用のワンボックスカーが贈られた。

 

先月22日には、贈呈式も開かれ、車両を提供した日産自動車のスタッフも参加した。式では、児童たちによる歌でのお礼などもあった。

 

車両を贈られた「さざんか第5」には、小学生から高校生まで約10人が通っている。児童・生徒たちは、練馬区にある石神井特別支援学校(小・中学)を中心に、市内の特別学級がある小・中学校から通っており、車での送迎が不可欠。また、帰りも夕方遅くになるため、安全上、児童・生徒を自宅まで送り届けている。

 

これまでは、「さざんか第5」ほか、複数の福祉施設を運営する社会福祉法人「睦月会」の中で所有車をやりくりしてきたが、専用で使えることで、デイサービスの開所時間なども融通が利くようになるという。

 

施設長の金子正さんは「子どもたちの安全のために、大切に、有効に使います」と話している。