2018.07.31 九星気学

 

[全体運]

 

立秋を7日に迎えて夏の土用が明けたら、はや初秋。「残暑御見舞い」の季節です。とはいえ、今年はまだまだ暑さが続きそう。

 

各地では夏祭りがにぎわい、月遅れのお盆や終戦記念日など、イベントも目白押しです。

 

13日から16日までの月遅れ盆には、多くの企業も「お盆休み」にはいって、日本中にいつもとは違う時間が流れるでしょう。

 

遠く海外へ旅に出たり、もっと遠くの世界から亡き人たちをお迎えしたり。お盆は、あの世に住むご先祖様の魂が帰宅される時です。

 

こちらの世界では、果物や白玉などのお供え物とともに、魂の乗り物として、割りばしで手足をつくったキュウリの馬やナスの牛を用意します。そして、ご先祖の魂は13日の迎え火を合図に帰宅、16日の送り火とともに再び、あの世へと帰ってゆきます。

 

この占いコーナーの発信元であるひばりヶ丘駅付近の道の端でも、そんな送り火の名残の野菜の馬牛を見かけたことがありました。

 

心を自由にして、未来や過去、そして魂の住み方など、いろいろな世界を感じてみたいと思います。

 

今月はどの本命星の方も、胃腸の不調が体調変化のサインになります。持病のある人はその悪化や、古い病気の再発に気を付けなければなりません。いずれの場合も、疲労がたまっていると読めますから、遊びはほどほどにして、十分な休養をとり、専門家に診てもらうことも大切です。

 

一白水星 

格安ツアーやB級グルメにツキ。フリマ、青空骨董市も狙い目。

 

気分は遊びモードながら、仕事はルーチンをしっかりこなせば、まず堅調。レジャーが楽しめる分、財布は軽くなる。幸い、庶民的なモノにツキがあるから、ヘタに高級品に手を出さないほうが楽しめる。帰郷は大吉。故郷に触れることで、大きな気づきが得られそう。旧友との再会で耳よりな話を聞いたり、思わぬチャンスを得ることも。

 

 

二黒土星

周囲の雑音に一喜一憂せず、平常心を保って。登山は慎重に。

 

運気の流れはスピーディーだが、それに巻きこまれてはダメ。いい話、おもしろそうな話は、とかく裏がありそう。今月は、思いきった行動は止まって、難を逃れる。高所からの落下、足腰の故障にご用心。自己過信は禁物。靴箱の中が乱雑になってくると、運気が低迷する。しっかり靴の手入れをしたら、歩きやすい靴を一足買うのも気分転換にいい。

 

三碧木星

ひらめきは裏目にでて、波乱含み。正確な情報収集が生命線。

 

怪情報を信じたり、カンに頼って行動すると、とんでもないことに。継続中の事柄もヘンな方向に行きやすいから、しばらくは手をつけないでおいたほうがいい。レジャーも、落とし物や仲間とのトラブルなど、楽しめないことが多い。休暇がとれたら、家でのんびり過ごすのがよさそう。庭いじり、ベランダ菜園などで植物と親しむことで、元気がもらえる。

 

四緑木星

遊びにも乗り切れない低調期。無理せず、仲間の力を借りて。

 

暑さのなか、気分もどんより。先月につづいて集中力もプッツン気味だけれど、幸い頼りになる友人、知人の影もちらほら。仕事は無理をして抱え込まず、周囲の人たちの力を借りましょう。来月からは復調してくるから、今は体力の温存を心がけて。外出すると落とし物や盗難などにあいやすいから、不急不要の外出は控えて、涼しい部屋で静かに過ごすのが賢い。

 

五黄土星

運気好転、周囲の状況もいい流れに。年長者との関係がカギ。

 

低迷のトンネルを抜けて、輝く夏の太陽のもとへ!暑いけれど、パワフルな月。万事、周囲の仲間と力を合わせて行うことにツキがあり、上司や目上の人たちの引き立てを受けるチャンスも。五黄本来のリーダーシップを発揮して、人のめんどうを見る場面もありそう。レジャーは旅行やスポーツがいいけれど、急浮上の時期だけに、運動なら準備体操をしっかりと。

 

六白金星

仕事も遊びも快進撃。ちょい悪仲間にさそわれて冒険あり!?

 

これまでの努力や実力が認められて、一気に株があがる時。ここぞとばかりに、万事、攻めの姿勢でいくところが六白金星の真骨頂。公私とも、よいと思うことは信念をもって押し進めるチャンス。一方、レジャー運も発展的。男女ともにモテるし、陽気な遊び仲間もいて、ちょっとスリリングなこともおこりそう!上手に梶を切ってくださいね。

 

七赤金星

快調ながらちいさな異変に注意。レジャーも吉だが予算は超過。

 

実力を発揮して、目上の人たちにも認められる時だけれど、それで慢心してはダメ。状況に変化がおこりやすく、交渉事では相手の心変わりということも。順調に進んできたことはそのまま続行、方針は変更しないほうがよい。比較的高級品にツキがある時だから、格安ツアーなどは宿や食事に不満がでそう。楽しむためには、ある程度の支出を覚悟して。

 

八白土星

自分らしさ全開で好調。婚活も有利、決めゼリフを考えて!

 

周囲を巻きこむオーラがいっぱい。望むところを堂々と発表して、多くの人達の賛同が得られる。ひらめきに強い時だから、思いついたことは、とりあえず口に出して発信することが大切。意外なチャンスにつながることもある。美しいモノにツキ。特に、パートナー募集の人は、ばっちりお洒落して自己PRしたい。2人目に現れた人が本命。

 

九紫火星

家族と楽しむレジャーにツキ。テーマを決めた旅はいかが。

 

夏休みには、家族の絆が一段と強まる。古里でお盆を迎える、なんていうのもいいものだし、一族のルーツをめぐる話題で盛り上がるかも。一方、仕事面では、自分と相手との温度差にとまどうこともありそう。こちら(九紫)はやる気十分、運気にも力がある時だけに、あまり強く出すぎると相手は引いてしまう。相手の立場に立った考え方が大事。

 


[鑑定家]

野村徳子/九星研究家。著書に『よくわかる気学(東洋占星術)入門』(弘文出版)、『よい名前のつけ方』(同)、『寺院参拝』(国際情報社)、『はすの花 共時性と予兆の秘密』(新風舎文庫)ほか