2018.09.10 イベント

西東京市民映画祭、今年は14日から

 

恒例の西東京市民映画祭が、今年も開かれる。9月14日開幕。

 

14日(金)は「日本映画名作選」として、「張込み」「悪い奴ほどよく眠る」「黒い画集あるサラリーマンの証言」「白い巨塔」を上映。

 


15日(土)は吉永小百合主演の「北の桜守」、「おくりびと」など。

 


16日(日)は黒人女性が人種差別と戦いながらNASAに貢献する「ドリーム」など。

 

入場料は15日、16日の各回は1000円(前売り800円)、65歳以上900円(同800円)、高校生以下800円(同600円)。14日は1作品500円だが、1日券(4作品)1000円などがある。

 

なお、海外からも応募作品が集まる、同映画祭名物の「自主制作映画コンペティション」は、11月17日(土)に西東京市保谷こもれびホールで開催。

審査員長は「山桜」「花戦さ」などで知られる映画監督の篠原哲雄さん。

 

詳しくは実行委員会 042・452・6331 へ。

 

[イベント概要]

◎日本映画名作選

■日時   : 9/14(金)

 ・「張込み」=10:00〜 /松本清張原作、宮口精二、菅井きんほか出演

 ・「悪い奴ほどよく眠る」=12:20〜 /黒澤明監督作品、三船敏郎ほか出演

 ・「黒い画集 あるサラリーマンの証言」=15:10〜 /松本清張原作、小林桂樹ほか出演

 ・「白い巨塔」=17:00〜 /山崎豊子原作、田宮二郎ほか出演

■会場   : 西東京市保谷こもれびホール

■入場料  : 500円(4作品=1日券=1,000円、2作品=半日券=800円)

【リンク】西東京市保谷こもれびホール イベント案内(9/14)

 

 

◎滝田洋二郎監督作品特選上映

■日時   : 9/15(土)

 ・「北の桜守」=11:00〜  / 吉永小百合、堺雅人ほか出演

 ・「おくりびと」=15:00〜 / 本木雅弘、広末涼子ほか出演

■会場   : 西東京市保谷こもれびホール

■入場料  : 一般1000円、65歳以上900円、高校生以下800円

       (前売りは800円、高校生以下600円)

【リンク】西東京市保谷こもれびホール イベント案内(9/15)

 

 

◎自主制作映画優秀作品上映

 ・「コロッケとへそくり」

 ・「グリーングリーン」

 ・「パン屋の息子」

 ※13:30〜一挙上映

■会場   : 西東京市保谷こもれびホール

■入場料  : 一般1000円、65歳以上900円、高校生以下800円

       (前売りは800円、高校生以下600円)

【リンク】西東京市保谷こもれびホール イベント案内(9/15)

 

 

◎映画「ドリーム」

■日時   : 9/16(日)、11:00〜/15:00〜

■会場   : 西東京市保谷こもれびホール

■内容   : 数学の天才の黒人女性たちが人種差別と戦いながらNASAに貢献。アメリカ社会をも変革していく

■入場料  : 一般1000円、65歳以上900円、高校生以下800円

       (前売りは800円、高校生以下600円)

【リンク】西東京市保谷こもれびホール イベント案内(9/16)

 

 

◎特選映画上映

■日時   : 9/16(日)、13:30〜

 ・「かっぱのすりばち」 (かっぱの親子の愛を描いたアニメ)

 ・「おうちへかえろう」 (2010年同映画祭最優秀作品賞受賞の福山功起さん監督作品」

■会場   : 西東京市保谷こもれびホール

■入場料  : 一般1000円、65歳以上900円、高校生以下800円

       (前売りは800円、高校生以下600円)

【リンク】西東京市保谷こもれびホール イベント案内(9/16)

 

 

◎自主制作映画コンペティション2018

■日時   : 11/17(土)

■会場   : 西東京市保谷こもれびホール

■内容   : 応募された自主制作映画のコンペティション。審査員長は映画監督の篠原哲雄さん

【リンク】西東京市民映画祭

 


【こんな記事も読まれています】

東久留米ドキュメンタリー映画祭、9/22、「ずっと、いっしょ」など

 


 

 

1日あたり150円の支援で「希望」を

 

◎世界初の「不満買い取り」 35万人超が登録

 ⇨あなたの不満、買い取ります!【株式会社不満買取センター】