2018.09.19 コラム

地震の対策リフォーム、できることがたくさんあります

         文・橋本祐太(エネスパート代表)

 

天災が頻発しています。地震や豪雨など、各地で被災された方々にお見舞い申し上げます。

 

 

各地で災害が起こっている今、改めて、日頃の備えの大切さを感じています。ガス屋・リフォーム屋としては、家屋の備えをぜひ皆さんにも訴えたいです。

特に私は、まずはガスコンロの交換を強く呼びかけたいです。

 

 

この欄で何度も書いていますが、ガスコンロは2008年に安全基準が変わっています。現在は標準装備の自動立ち消え装置などが、以前のガスコンロには付いていないことがあります。

言うまでもなく、ガスコンロの安全性の向上は、火災の予防につながります。地震で怖いのは、家屋の倒壊と火災です。まずは低予算でできる火災予防を始めましょう! 

また、予算に余裕がおありなら、太陽光発電システムの導入もご検討いただきたいです。設置しておくと、制限付きながらも被災時にも電力を確保していけます(もちろん被災状況によりますが)。あると心強いです。

 

 

そして、やっぱりやっておきたいのが耐震補強。低予算でできることもたくさんあります。どんなことでも、まずはご相談ください。

 

 


 

■橋本祐太さんプロフィール

株式会社エネスパート代表取締役。ガス会社を経て独立。地域で4児を育てる父でもあり、「持続可能な社会」のためにエコタウンをつくりたい、との思いで起業した経緯がある。高効率ガス給湯機「エコジョーズ」や安全なガスコンロへのこだわりが強い。現在、西東京市住吉町4-8-19に本社を構え、月間250台以上のガス給湯器・ガスコンロ交換工事を行っているほか、小さな修繕から一棟丸ごとまでリフォームも手がけている。エネスパート https://www.enespert.com/index.html

 


 

 

◎前の記事を読む

安全で快適なガスコンロに交換を

 

◎次の記事を読む

お孫さんが喜ぶ家にリフォームしませんか?