2018.10.31 九星気学

 

あなたの11月の運勢は? 九星気学で鑑定!

 

7日は二十四節気の立冬。北国からは初雪の便りが届き、関東では木枯らしが吹き初めるころです。

 

晴れた日には『タウン通信エリア』でも、美しい紅葉を見ることができます。ここしばらくのあいだに、この占いの発信元であるひばりヶ丘駅付近は大きく変貌しつつあって、四季の中で見せる景色も、どんどん新たなものになっています。

 

ところで、今年は夏の猛暑から一転、秋をとばして気がついたら冬、という感じです。22日、二十四節気の小雪を迎えたら、いよいよ厚手のコートの出番です。

 

今月は、どの本命星の方も、持病や古い傷の悪化に要注意。また、夏と同様に水分は外出時の必需品。空気が乾燥するこの時季、のどを潤すことはカゼの予防にもつながります。

 

 

一白水星 

 

ポカミスもあるが助け船もあり。年長者の味方多く、心強い。

 

なんとなく落ちこみ気味の日も多いけれど、幸い、外出の誘いも多い。室内でまったりするより、体を動かすことがいい気分転換になる。特にスポーツ好きの人には、うれしい好記録がでることもありそう。ただし、落とし物や忘れ物には要注意。上司や年長者との関係は良好で、何かと力になってもらえる反面、年下の知人には悩まされることがあるかも。 

 

  ◇ ◇ ◇

 

二黒土星 

 

仕事も遊びもドンと来い!粘り腰の本領発揮で結果も上々。

 

先月とは打って変わって、気力も充実。ちょっと難しい仕事を任されることがありそうだけれど、やりがいは十分。ステップアップのためにも、頑張って。一方、遊びの誘いもにぎやかだし、パートナー募集中の人にもチャンス。デートは少々出費がかさみそう。しっかり者の二黒だけれど、今月は想定外の無駄遣いを覚悟したいところ。

 

  ◇ ◇ ◇

 

三碧木星 

 

変化の波を楽しみながら前進。忘れていた善行が形になる時。

 

吉凶ともに過去の事柄が表面化しやすい。くわえて変化運でもあるから、その事柄にどう対処していくかがカギ。とはいえ、今月は活力と楽しいエネルギーがいっぱい。持ち前のさわやかな弁舌やフットワークのよさも生かして、人生がいい方向に流れていくはず。いつか誰かにしてあげた親切が、思わぬ幸運となって帰ってくることもありそう。

 

  ◇ ◇ ◇

 

四緑木星 

 

いいはずなのに間が悪い。営業活動不利。アート系には強い。

 

不意のアクシデントで物事が渋滞したり、破れたり。特に交渉事では行き違いや誤解にも要注意。今月は、積極的に行動するよりも何事も静観しているのがよく、発言も控えることが無難。一方、文化、芸術方面にはひらめきも冴えて、周囲からの評価も高まりそう。音楽や美術などアートつながりの仲間との交流は楽しく、発展性もある。

 

  ◇ ◇ ◇

 

五黄土星

 

思いついたら即発表。周囲を巻きこみつつ、共同作業は好調。

 

五黄本来のリーダーシップが生きて、新しい何かが立ち上がってくる予感。とはいえ、対人関係の悩みもないわけではなく、特に異性関係はすっきりとさせておかなくてはいけない。上司や年長者からのアドバイスを十分に取りいれながら、風通しのいい仲間関係をつくりたい。目標はまだかなり先、今はあわてず、楽しみながら地固めすべき時。

 

  ◇ ◇ ◇

 

六白金星 

 

新旧の出会い、再会から、人生の気づき。勝負事もいい線。

 

人間関係は地味目ながら、豊富。悠々自適の年配の人から思わぬ情報を得たり、古い知人との再会からチャンスをつかんだり。投機的なことにも、ふと気が向きやすく、余裕で楽しむ分にはおすすめ。ただし、何事も熱くなりすぎると空回りとなる。スポーツ、園芸など、初めての趣味にトライもいい。旅なら一人で、収穫多い。

 

  ◇ ◇ ◇

 

七赤金星 

 

ガッツリ働き、実力をアピール。で、多少のわが儘も通りそう。

 

本業に腰を据えれば、さすがの馬力。集中力も途切れず、成果があがる。賢い七赤としては、このチャンスを逃さず、言いたかったことを言ってみましょう。きっと、望は叶うはず。デスクワーク、室内作業の多い人は気分転換にはアウトドアがおすすめ。逆に、外仕事の多い人は室内、静かな場所でまったり過ごすのがよさそう。いずれも、家族との団らんが楽しい。

 

  ◇ ◇ ◇

 

八白土星 

 

せいては事をし損じる。足元をよく見て。雑談の中にヒント。

 

自分もやる気十分、周囲の状況も活気があって、少々騒がしいほど。誰かに背中を押されて自分もその気になりやすいけれど、取り引き、交渉事には細心の注意が必要。ひとつひとつしっかり詰めて、最後まで気を抜かないこと。気分転換には、空気のきれいな戸外がいい。紅葉を楽しみつつ、ジョギングやサイクリングで気分をリセットしてみては。

 

  ◇ ◇ ◇

 

九紫火星 

 

対人や官公庁絡みの問題で苦戦か。争い事不利。火の元注意。

 

気苦労多く、ストレスもいっぱい。その割には、はた目には楽し気にも見えるから、一層つらい。官公庁、その他の書類に関するミスに注意。人の悩み事相談などにのってしまうと、やっかいなことになる。むろん、売られたケンカも買ってはいけない。不要な外出を控えることは、心の健康のためにもカゼ対策にも有効。

 

 

 

生年表


 

[鑑定家]

野村徳子/九星研究家。著書に『よくわかる気学(東洋占星術)入門』(弘文出版)、『よい名前のつけ方』(同)、『寺院参拝』(国際情報社)、『はすの花 共時性と予兆の秘密』(新風舎文庫)ほか