2018.11.06 メディカル

 

 

不安を解消するために 

 

今号は8月1日号に続き、事務の阿南が担当させていただきます。

 

先月予定されていた学会で当院のお看取りの実績などを発表する予定でしたが、諸事情により学会が延期となってしまいました。学会の様子も含めて、この欄でお伝えしたかったのですが、今回は、発表予定だった内容のあらましだけお伝えしたいと思います。

 

発表内容は、「最期まで住みなれた自宅で過ごしたい」を支えるためには、何が必要なのか。その要因と対策を検討し、クリニックができることを考察していく、というものでした。

 

可能な限り自宅で療養を続けたいと希望される患者さんの多くは、「家族に負担をかけてしまうのでは」「急変時はどう対応すればいいのか」といった心配、不安を抱えています。

 

不安を抱えながらも最期まで自宅で過ごせた患者さんと、自宅以外(病院や施設)で最期を迎えられた患者さんの状況を比較・検討し、自宅療養の継続を困難とする要因を特定し対策を考えることで、患者さん、ご家族の不安を解消していければと考えています。

 

事務職にできることは限られていますが、業務を通して円滑な診療をサポートできるよう努力し続けたいと思います。

 

当院では、在宅診療への疑問にお答えする「在宅医療連携室」を開設しています。お気軽にご利用ください。予約優先です。

 

まつばらホームクリニック