2018.11.06 寄稿

モデルロケット始めませんか?

 

モデルロケットをご存じですか?
 

軽量小型のロケットで、自分で組み立て、打ち上げるものです。ロケット技術を競う全国大会も開かれており、種子島や筑波宇宙センターなどでの優勝者は、世界大会にも出場できます。

 

この活動は、ミニチュアの宇宙航行学とも称され、アメリカで1957年に始まり、世界各地に広まりました。日本でも、90年に日本モデルロケット協会が設立されています。

 

安全基準や法令が整備され、水泳や野球より安全といわれています。アメリカでは各地に公認クラブがあり、世界最先端の航空宇宙産業に人材を供給しています。

 

私はこのたび、多摩エリアにもクラブを作りたいと考え、「多摩ロケットクラブ」を発足させました。ご興味ある方は、ぜひご参加ください。小学生からシニアまで歓迎です。18日(日)午前中に、西東京市コール田無で、この活動などをお伝えする「宇宙開発セミナー」を開きます。詳しくはお問い合わせください。
 

澤須美夫(090・8454・3785 president.sawa@gmail.com