2018.11.19 話題

10月によく読まれた記事 ベスト10

 

先月のアクセス状況から、10月によく読まれた記事のベスト10をご紹介します!

 

 

【1位】

3カ月連続トップだった「迷子犬・サンサン」の記事を追い抜き、ついに1位を獲得したのは、西東京市向台町にある「キッチンファクトリーMoe」さんの記事。「本当に人気なので、ぜひ連載記事を!」とMoeさんに持ちかけてみましたが、「夫婦2人で目一杯作業していて、ちょっと余裕がないです……」とのこと。残念。

いつか、余裕ができたときには、ぜひまた取材させてください!

 

◎記事はこちら → キッチンファクトリーMoe

 

 

 

 

【2位】

2位になったのは、本紙(タウン通信・新聞折込版)の10月17日号1面でも取り上げた「西東京市の放課後カフェ」の記事。中学校の放課後に、地域の大人たちが“カフェ”を開くというもので、全国各地からの視察も増えつつあるなど、地域を超えて注目を集めています!

 

◎記事はこちら → 西東京市で広がる放課後カフェ

 

 

 

 

【3位】

3位は、新雑誌「武蔵野樹林」の創刊告知。正直、意外です。

とはいえ、雑誌そのものは、発行元・角川文化振興財団の気合いが感じられるような内容。執筆陣がとにかく豪華。良いものを作ればちゃんと注目が集まる、という好例ですね。

 

◎記事はこちら → 新雑誌「武蔵野樹林」創刊

 

 

 

 

【4位】

4位にランキングしたのは、「10月の地元情報」。これがベスト5に入ったのは、編集部的にはうれしいです。この記事、ただ情報をまとめるだけなのですが、実は、メチャクチャ大変。11月の情報も掲載していますから、ぜひご利用ください!

 

◎記事はこちら → 10月の地元イベント情報

 ※11月の地元イベント情報はこちらから

 

 

 

【5位】

これこそ意外ですが、5位には、東村山ジョブセンターオープンの記事が入りました。当ウェブサイトの読者層が見える思いがします。今回は掘り下げて取材した記事ではないですが、いずれ、女性の再就職や、地元での仕事などをテーマに、ルポを書いてみたいです。

 

◎記事はこちら → 東村山ジョブセンターオープン

 

 

 

 

【6位】

「9月によく読まれた記事」が6位に入りました。この記事(10月によく読まれた記事)も、たくさんの人に読んでいただきたいです!

 

◎記事はこちら → 9月によく読まれた記事

 

 

 

【7位】

石川記者渾身の「カラテカ・矢部さん、東村山市長と対談」の記事が、7位に入りました。こちらは上位ランキングが予想された記事。10月中旬のアップでしたので、11月はもっとランク上位になるはず。有名人の記事ですが、ちゃんと地域が話題になっているのがポイントです。5000字の読み応えある対談記事。未読の方はぜひ!

 

◎記事はこちら → カラテカ・矢部さんと東村山市長対談

 

 

 

 

【8位】

「清瀬のはちみつ関連商品、地元のセブン-イレブンで販売開始」の話題が8位に入りました。ちなみに、この記事とほぼ同時期に「西東京市のマスコットキャラクター『いこいーな』グッズをセブン-イレブンで限定販売」の記事をアップしているのですが、こちらはあまり読まれなかった様子。

どの辺に差があったのでしょう? 謎です。「はちみつ」というのが、目を引いたのでしょうかね。

 

◎記事はこちら → 清瀬のはちみつ関連商品、セブン-イレブンで販売開始

 

 

 

 

【9位】

こちらも不動の人気記事、[この町この人]の松延康さんの記事が9位に入りました。松延さんは、10月に地元の小平六小でイベントも実施。その影響もあったのかもしれません。まあ、何もなくても、テレビでご活躍の有名人ですが。

 

◎記事はこちら → [この町この人]松延康さん

 

 

 

【10位】

10位に滑り込んだのは、「振り返るタウン通信の10年」。タウン通信は2018年10月15日に、創刊(地域紙)からちょうど10年を迎えました。というわけで、この10年を振り返った記事をアップ。中旬の公開で10位滑り込みは上出来でしょう。皆さんが関心を寄せてくださって、うれしいです!

 

◎記事はこちら → 「振り返るタウン通信10年」

 

 

 

  □ □ □

 

今月は、この記事をアップするのに、月半ばを過ぎてしまいました。

遅れての紹介ですみません。

コンスタントに情報公開できるように努めます!