2018.12.05 イベント

12月の地元のイベントをチェックしました!

タウン通信編集部の石川です。12月の地域のイベントをチェックしてみました! 寒い時季はついついお出かけするのが億劫になってしまいがちですが、行くと「来てよかった」と思うものですよね。

 

個人的には、取材をしたみんデパが気になります。あとは練馬のボロ市、多摩六都科学館のロボットパーク、ふるさと村のもちつき体験と、あとあと……(キリがないので割愛)。あ、23日は西東京市議会議員選挙ですよ〜!

 

お出かけのご参考にぜひぜひ! 

(※編集部注:漏れている注目イベントがあれば、教えてください)

 

【12月の気になる地元イベント】

◆開催中〜14日(金)

「みんなデパート〜ハッピーノエルコレクション」

ハンドメイドイベント「みんデパ(みんなデパート)」が、今年はガスミュージアムで開催。昨年は1日で5000人以上の来場者数を記録した人気イベントです。ハンドメイド雑貨の販売、ネイルやカラー診断、ワークショップ、フォトスタジオでの写真撮影などを日替わりで開催!

【リンク】ガスミュージアム

 

 

◆開催中〜16日(日)

「東村山の東京125年」

江戸から東京となり、今年で150年。東村山が神奈川県(!)から東京府に属してからは125年です。125年の間に起きた出来事や、町の変遷、地域を発展させる基盤となった産業などについて、写真等で紹介します。

【リンク】東村山市

 

 

◆開催中〜18日(火)

武蔵野美術大学 企画展「助手展2018」ほか

武蔵野美術大学では、同大学の研究室の一員である助手が、授業の運営などを行う一方でアーティストやデザイナーとしての表現を展示する「助手展2018」、近世日本の木版印刷による本の造本美の世界を紹介する展示などが開かれます。

【リンク】武蔵野美術大学

 

 

◆開催中〜24日(月)

「江戸から東京へ『はがきサイズの開化風景』展」

ガスミュージアムでは、江戸から明治へと移り変わる東京の文明開化の様子をはがきサイズの風景画で紹介。歌川広重(三代)などの木版画作品を中心に、石版画や銅版画を展示します。

【リンク】ガスミュージアム

 

 

◆開催中〜28日(金)

CG映像「銀河鉄道の夜」

所沢航空発祥記念館では、宮沢賢治の名作として知られる『銀河鉄道の夜』のCG映像作品を上映。宮沢賢治の作品をテーマにしたマグカップやTシャツ、書籍などのグッズ販売も行っています。

【リンク】所沢航空発祥記念館

 

 

◆開催中〜31日(月)

「スポセンマルシェ」「サンパルマルシェ」

「健康な体をつくるために必要なのは『運動』と『食事』」という」コンセプトのもと、東村山市内の2つの会場を舞台に開催。スポーツセンターなどでの運動のほかにも、地元の新鮮な農産物を購入するチャンス!

【リンク】東村山市

 

 

◆開催中〜12月末

探検家・関野吉晴さん「野外写真展」

人類拡散の旅「グレートジャーニー」をさかのぼった探検などで知られる探検家・関野吉晴さんによる世界各所の写真が、鷹の台駅近くで野外展示されています。

【リンク】タウン通信紹介記事

 

 

◆開催中〜2019年2月24日(日)

「小平と平櫛田中」

近代彫刻を代表する作家の一人・平櫛田中。小平市にある平櫛田中彫刻美術館では、同氏が晩年を過ごした同市での暮らしにスポットを当てた作品と資料を展示。同氏の小平での暮らしを取材した映像資料も、会期中に限定公開されます。

【リンク】平櫛田中彫刻美術館

 

 

◆8日(土) 

「ともに活きる!まちづくりキックオフ・フェス」

年代や障がいの有無に関係なく、さまざまな人が暮らせる「地域共生社会」を目指した町の実現を、西東京市と住民で目指すために何が必要かを考えるイベント。株式会社オリエンタルランド・バリアフリープロデューサーによる東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの取り組みの紹介や、パラスポーツの体験会、認知症カフェや障害者サポーター養成講座など。

【リンク】西東京市

 

 

◆8日(土)〜19日(水)

「バングラデシュの手仕事展示販売会」

時間:午前10時~午後5時(19日は3時)

場所:自由学園しののめ茶寮(東久留米市学園町1-8-33)

内容:バングラデシュの女性たちが製作したノクシカタ刺繍作品など。18日は刺繍のワークショップを開催(参加費2160円、材料費1080円~)。ワークショップは要予約(前田さん=090-6545-8821)。10日・17日休み。主催はフェアトレード・ロシュンほか。問い合わせは馬上さん=090-8744-6526。

 

 

◆9日(日)・10日(月)

「関のぼろ市」

近年、全国的に人気な「ボロ市」が、練馬区にある本立寺でも開催。同所では江戸時代から開かれており、かつてはぼろ布や農機具・正月用品などが売られていました。現在は飲食物のほかにも、衣料品や骨董品など、多様なジャンル約300の出店が武蔵関駅から同寺まで並びます。9日の夜に行われる万灯行列も人気!

【リンク】練馬区

 

 

◆11日(火)〜16日(日) 

「韓国・朝鮮人元BC級戦犯者写真パネル展示」
時間:午前9時(午後1時)~5時

場所:西東京市柳沢公民館(西東京市柳沢1-15)

内容:日本軍に従事させられ、BC級戦犯として裁かれるも、戦後、「日本人でない」との理由で日本政府から援護の対象外とされた人々の苦難を写真で辿る。16日午後はビデオ上映あり。無料。主催は「同進会」を応援する西東京市民の会。問い合わせは同会・横井さん=042-467-8322。

 

 

◆15日(土)

「クリスマス・ロビーコンサート」

時間:午後2時~3時

場所:東久留米市市民プラザ(東久留米市本町3-3-1)

バイオリン、ギター、電子オルガンによる演奏。出演「嵐のもにょもにょトリオ」。曲目「恋人達のクリスマス」「レット・イット・ゴー」ほか。無料。問い合わせは同プラザ=042-470-7813。

 

 

◆19日(水)

「バレエ『くるみ割り人形』」

ルネこだいらの開館25周年を記念して、ロシアの芸術の都・サンクトペテルブルグから正統派バレエ劇場が来日。振付家は、同町に自身の名を冠した劇場を持つレオニード・ヤコブソン。地元で本場のバレエを観劇するチャンスです!

【リンク】ルネこだいら

 

 

◆20日(木)〜25日(火)頃

「写真家のオリジナルカレンダーを無料プレゼント」

東久留米駅から撮影したダイヤモンド富士のカレンダー(2019年版)を無料配布。撮影したのは、東久留米市在住の写真家・高橋喜代治さん。ダイヤモンド富士を望むことのできる12月20日頃から、東久留米駅の富士見テラスで配布されます。

【リンク】タウン通信紹介記事

 

 

◆22日(土)

「もちつき体験・鏡もちづくり」

小平ふるさと村で、杵(きね)と臼(うす)を使って、もちつき体験! できあがったおもちは、その場で試食可能(※無くなり次第終了)。子ども用の軽い杵も用意されています。冬の思い出づくりにぜひ♪

【リンク】小平ふるさと村

 

 

◆22日(土)〜28日(金)

「ロボットパーク」

今年で8年目を迎える多摩六都科学館の人気イベントが開催! 『鉄腕アトム』の名前を冠したロボット「ATOM」は、頭部搭載のカメラで人の顔を見分けて性別や年齢を判断。歌や踊りも披露してくれるとのこと。また、ロボットアイドル「アイドロイド5」によるステージショーや、ロボット操縦バトルなどの体験コーナーもあります。

【リンク】多摩六都科学館

 

 

◆23日(日)

「西東京市市議会議員選挙」

「自分が投票しても変わらない」と思いがちかもしれませんが、直近の2014年の投票率は40.77%で過去最低の数値。「自分が行けば変わるかもしれない」と思う方が増えてほしいなと思う次第です。アイドルの“推し”よろしく、自分が応援したい政策を掲げる候補者に投票してみてはいかがでしょうか。モーニング娘。『LOVEマシーン』の歌詞のように、投票行って外食を楽しむのもいいですね……! 期日前投票は17日(月)からです。

【リンク】西東京市

 

 

◆30日(日)

「アスタで第九をご一緒に」

毎年、田無駅前のアスタで開かれている同イベント。全国的にも例年150以上の「第九」コンサートが開かれており、「年の瀬に第九」というのは日本の風物詩とも言えます。元々は、戦後の苦しい経済状況下で活動していたオーケストラ団員の年越し費用を稼ぐために開かれていたという説もありますが、真偽は不明です。

【リンク】田無アスタ専門店街

 

 

[編集部から]

※上記の情報は11月末時点のものです。お出かけの際には、それぞれ主催者の公式発表をご参照ください。

※地域のサークル、市民団体などのイベント情報を随時募集しています。お気軽にメール(info@town-t.com)やファクス(042-464-1472)でお寄せください。