2019.05.01 九星気学

 

あなたの5月の運勢は? 九星気学で鑑定!

 

日本は改元とう節目を迎えて、いよいよ「令和元年」が始まりました。

節目といえば、今年は九星でいえば八白土星年であり、今月は同じく八白土星の月。八白土星にはもともと節目、変化改革という意味がありますから、誰にとっても「心機一転」、新しいスタートの時というわけです。

 

さらに八白の変化は、敗者復活を応援する作用もあるところから、今までに沈んでいた人は浮かびあがるチャンス!改元自体が一つのチャンスカードとなって、背中を押してくれます。

 

では、今まで快調にやってきた人は?あまり欲ばったり、調子にのらず、従来の流れを大切にしながら新風をとりこんで。すでに頂点を究めたような人は、むしろ足元にも要注意です。

 

今月はどの本命星の方も、腹部の故障に要注意。飲みすぎ食べすぎに気をつけて、冷蔵庫の過信も禁物。また、ストレスが引き金となって、体の弱い部分に不調があらわれやすい時。5日の端午の節句(子どもの日)には、邪気ばらいのしょうぶ湯につかって、ストレスをはらいましょう。

 

 

一白水星 

交際が広がって楽しい出会いも。仕事は新規開拓に力を入れて。

 

意外な人から誘いがあるなど、対人関係が新鮮でなんとなく心はずむ。遊びの場面から仕事に発展することもあり、多くの人との交流がカギ。恋愛運、デート運も好調。恋に落ちるのは早いが、相手をガッチリつかんでおくためには、思いっきり誠意を見せること。幸い誠意は通じやすい時だから、こちらの出方しだいで長いおつき合いになりそう。

 

 

二黒土星 

やる気はあるのに妨害多い。うまい話やへんな電話にご用心。

 

気分が高揚して、いつになく危ない橋を渡ってみたくなったり・・・となったら、さあ大変!今月は意に反して、物事がよくない方向にいってしまうから、新しいことやいつもと違うことをしてはいけない。異性との出会いも凶。婚活中の人は、一時休止して。何か問題がでてきたら、あわてて結論をださず、家族や信頼できる知人とよく話し合うことが得策。

 

三碧木星 

話半分、ウワサ話に一喜一憂しないで。争い事は連鎖傾向。

 

場は盛りあがっていい感じなだけに、調子のいい誘惑にのらないよう、ご用心。また、自分でも現実的でないアイディアを連発しそう。今月は、とかく物事が二度おこる傾向があるから、特にケンカはおこさないように。二度目のケンカは、後々までしこりを残すこともある。一方、いいことも二度目に期待できる。二者択一なら二人目のほうがよい。

 

四緑木星 

目のつけ所は隅や奥。探し物も買い物も、独自の目線で勝負。

 

心身ともに少々重くて、外出はおっくう。とはいえ、ひとりで落ち着いた時間を楽しめる、というのもまた事実。仕事は、細部にまで目が行き届くから、いつもは、見えないモノが見えてきたりして、発想の転換ができることもある。また、ふと思いついたプランは将来有望だから、メモっておいて。部屋の片づけをして隅々まで風を通すと、肩こりも解消する。

 

五黄土星

雑用に手間どるが手抜きはダメ。忘れ物注意、予定表の確認も。

 

自分では「大丈夫」のつもりでも、ポカミス多発か。大切な人との約束を忘れないで!一方、人から頼まれることも多く、気分は先走りやすい。体調はやや低迷。来月からは運気上昇に転ずるから、今月は焦らずひとつひとつの仕事を丁寧にこなして。遠出をするとトラブルに見舞われやすくなるから、近場で軽いスポーツなどできれば理想的。

 

六白金星 

チャレンジ精神で難関突破。引き立てられて昇進、躍進あり。

 

努力のかいのある楽しみな月。公私とも多忙で、頼られて人のお世話に奔走することも多そう。一方で、その活躍が上司や先輩の目にとまり、チャンスをつかむことも。ただし、少々態度が大きくなるところがあるから、出すぎないことが大切。買い物は予算オーバー。電気関係の大モノに目がいきやすい。衝動買いをしそうになったら、いったん止まって一晩考えて。

 

 

七赤金星 

異性とお金の話は要警戒。口達者の甘言にフラッとしないで。

 

弁の立つ七赤金星にも、さらにうわ手がいるようで。今月は、口のうまい異性にコロリとだまされたり、セールスマンのひとことで無駄なモノを買ってしまったり。なんとなく気がゆるんで、警戒心も奪われがち。こんな時に力になってくれる相談相手は、どちらかといえば口の重い、慎重派の人。自分と同じように弁舌さわやかタイプの人と話しをしていると、事態はますます混乱する。

 

八白土星 

求心力が強く共同作業にツキ。路線変更や人の保証は不可。

 

周囲の賛同を得て、自分の思いが通りやすい時。今まで心の中で温めていたことを実行するチャンス。ただし、ガラリと方向を変えたり、新規着手には無理がある。とかく大きい話がもちこまれたり、人から保証を頼まれたりもしやすいが、すべて断って正解。人間関係も、新しい出会いより、従来の人脈やつながりをガッチリかためることがよさそう。

 

九紫火星 

論争多く、トラブル多発。長年者の助言を聞いて、救われる。

 

かっこつけたり出すぎたりで、仲間の反感を買うことも多い。どうやらケンカの原因は自分にありそう。でも、その点よく考えて、あまり目立たないようにしていれば案外いい調子。特に、年上の人には力になってもらえるから、素直にしたがうのが得策。ひらめきには強く、アート系にもツキがあり、表現者にはうれしい一面もある。

 

生年表

 


 

[鑑定家]

野村徳子/九星研究家。著書に『よくわかる気学(東洋占星術)入門』(弘文出版)、『よい名前のつけ方』(同)、『寺院参拝』(国際情報社)、『はすの花 共時性と予兆の秘密』(新風舎文庫)ほか