2019.10.01 九星気学

あなたの10月の運勢は? 九星気学で鑑定!

 

あなたの10月の運勢は? 九星気学で鑑定!

 

日没も日毎に早くなって、いよいよ深い秋を感じるころとなりました。

 十二支でいえば、10月は「戌」の月。万物が静かに終息していく季節です。

 一方で、暑くもない、寒くもない、この時季はスポーツや行楽のシーズンでもあります。

 でも、今月は消費税が10パーセントに引き上げられて、これが世間の動きにどのように影響するのでしょうか。

 不要なモノは買わぬが一番、ではありますが、日本中の人が全員そのように考えるとしたら―、消費はますます冷え込んでしまいますね。膨大な医療費のことなどを考えると、複雑なものがあります。

 今年は九星でいえば八白土星で、変化の年。いろいろな意味で日本全体も、また個人的にも、節目の時を迎えています。

 とはいえ、日常生活は平穏無事であれば、「毎日、同じことのくり返し」のようにも感じられて、人によってはなかなか変化が実感できないかもしれません。

 日々の生活では、小さな変化を見落とさないようにしてください。そして、それが大きな流れ(長い時間の経過)の中で、どのような意味をもってくるのか。占い的には、年運と月運のからみに注目です。

 時々立ち止まって、自分の立ち位置を確認しなおしてください。

 

 今月はどの本命星の方も、車、自転車、その他機械類の操作に要注意です。調子にのって行きすぎてしまうことが多いので、慣れた人ほど慎重に。

 


 

 [九星別運勢] 

 

一白水星 人のための骨折りも、取捨選択は必要。悪友の誘いにご用心。

年長者、有力者との関係がよく、公私とも多忙。人の役に立って認められたり、感謝されたりも。とはいえ、自分の本業がおろそかになったのでは本末転倒。できないことは断る勇気も必要。ウソや隠し事は表沙汰になりやすい時。賑やかな席で人との出会いも多いけれど、うまい話しにはご用心。家族や信頼できる知人にも相談してみるといい。

 

二黒土星 油断大敵、勢いで動いて失敗も。いつもの慎重さを忘れないで。

運気の流れのテンポはよく、それがクセ者。ついつい調子にのって、軽はずみに前へ進みやすい。しかし、今月仕掛けることは不発に終わる公算が大で、約束事もダメ。そういうことは、すべて来月以降にまわしてほしい。一方で、ちょっと楽しいこともありそうだけれど、わけのわからないお金も出ていってしまいそう。大金、カード類は持ち歩かないほうが無難。

 

三碧木星 本領発揮、自分の意見が通る時。金運は出入り多し、計画的に。

先月は口で失敗することも多く、トホホ…だった人も、今月は本来の弁舌が復調。思いきって自分の意見を述べて、周囲の人たちの協力をお願いしましょう。身内とは多少ぶつかることがあっても、十分話し合って、自分の考えを理解してもらえるよう努力して。スポーツの秋、体を動かしたり、スポーツ観戦で気力倍増。山歩き、登山も快調。

 

四緑木星 思いきった行動も図に当たって、一歩前進。争い事にはご用心。

実力以上のことを狙って、うまくいく強運期。ただし、自信があるだけに言動が大きくなって、それが対人関係のネックとなることも。今月争い事をおこすと、運気は急速にしぼんでしまう。相手を上手にもちあげながら自分の意見を通すという、ちょっとした話術が効を奏する。開運スポットは夜景の美しい高台。展望ラウンジでデートなんて、よさそう。

 

五黄土星 仕事より遊びモード。雑談、遊びの中でひらめくことに注目。

元気な人はスポーツや山歩きなどに出かけたくなるし、体力不足の人は家でゴロゴロしたくなる時。このところ働きすぎだった五黄生まれの人には、どちらもいい気分転換になるはず。でも、雑談中でも人の話は聞き流さずによく注意して。きっと役立つ情報が得られるから。この時期、ふとひらめくことは、後日役に立つ。入浴中の思いつきいい。

 

六白金星 親切も、相手のとっては有り難迷惑かも。我が事に集中して。

せっかくの骨折りも誤解されたり、逆恨みされたり、とかく、対人関係は行き違いが多く、疲れる。今月は、人のお世話あひと休み、自分のことをよく考えて。公私とも、いつもと違うことをすると失敗するから、人からすすめられても新しいことに手を出してはダメ。お金を貸すことも危ない。不要不急の外出は控えて、家で音楽など楽しんでいるのがよさそう。

 

七赤金星 賑やかな場で個性全開、自己PRも可。古い話の再燃はダメ。

集まりの席では、場の盛り上げ役としての能力を発揮。それで自分も得るところが大きい。特にお客さん商売、人気商売の人には旨味のある月。ただ、賑やかな席ででる話は、ちょっとオーバー。話は進めど空中分解、ということも。また、ちょっと意地悪な人からイヤなことを言われても、スルーして。そこでひっかかってケンカになれば、後々やっかい。

 

八白土星 万事ゆる目に設定して、あわてず。気分転換には旅もいい。

運気的には小休止の時。大活躍をしようと思わず、従来のやり方を地道に守っていれば本業は、まずまず。一方、私生活では人とも、モノとも、思いがけない出会い、再会にツキがある。遠方の知人会うことも楽しく、気があがる。疲れた時には森林、公園、神社など、大きな木のあるところに行ってみて。今月は樹木のパワーで気力が回復する。

 

九紫火星 ヤボ用に気を取られるとミス多発。行動の前に確認、点検を。

やる気はあるし、気分は好調。なのに、周囲がゴタつき、つまらない用事のため、本業が停滞気味。行動が雑になるとモノを壊したり、なくしたり、二度手間がふえる。万事、気を引き締めて丁寧にこなして、のりきってほしい。気分転換には近場の旅行がおすすめ。ぶらっとハイキングや温泉がいい。計画をつめこみすぎると疲れるし、落とし物などのトラブルも発生。

 

 

生年表

 

 


 

[鑑定家]

野村徳子/九星研究家。著書に『よくわかる気学(東洋占星術)入門』(弘文出版)、『よい名前のつけ方』(同)、『寺院参拝』(国際情報社)、『はすの花 共時性と予兆の秘密』(新風舎文庫)ほか