初代「尋牛」 100年ぶり公開中 彫刻家・平櫛田中の出世作  岡倉天心からの手紙も同時公開  11月6日まで

小平市で晩年を過ごした近代彫刻の大家・平櫛田中(ひらくし・でんちゅう)の出世作「尋牛(じんぎゅう)」が100年ぶりに見つかり、同市の平櫛田中彫刻美術館(学園西町1の7の5)で特別公開されています。

田中が師と仰いだ日本美術界の巨匠・岡倉天心とのエピソードも残る作品です。11月6日まで。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

田中、41歳のときの「出世作」

田中の出世作とも評される「尋牛」は、1913(大正2)年、田中が41歳のときの作品です。

田中は「尋牛」を生涯で少なくとも5作以上彫っていますが、今回公開されているのは、最も重要なその初代の作品です。同年の展覧会出品後、長く行方不明となっていましたが、関東地方の個人収集家の元からおよそ100年ぶりに発見されました。

同美術館に鑑定が依頼された際、学芸員の藤井明さんは「一目見て、だいぶ様子が違う」と感じたといいます。

「尋牛」は同美術館にも後期の作品が1作ありましたが、それと比べて、原型となる粘土の質感が色濃く出ていました。

初代作の写真が残っていたため確認したところ、すべての木目が同一で、「間違いない」と確信したといいます。

 

岡倉天心の死に間に合わず…

この初代作をめぐっては、日本近代美術の基礎を築いた岡倉天心とのエピソードも伝わっています。

田中は天心を師と尊敬し、約5年間交流しましたが、初代作はその制作途中の段階で天心から高い評価を得ていました。

しかし、天心が50歳の若さで他界したこともあり、完成作を見てもらうことはできませんでした。

田中は天心の死を聞いて急いで作品を仕上げ、棺に眠る天心の前に持ち込んで、涙を流したそうです。

今回の特別展では、そんな両者のつながりから、天心から田中に宛てた手紙も特別展示しています。

この手紙は、田中出生の地・岡山県井原市の「田中美術館」から借り受けたものです。

漫画「田中彫刻記」(いとう・たかし作)より

求道に自身重ねる

田中が生涯こだわったテーマ「尋牛」は、禅の悟りに至る道筋を描いた「十牛図」を題材にしたものです。

十牛図は悟りを分かりやすく10段階で説明するもので、悟りを牛に例えています。

尋牛はその最初にあたり、牛(悟り)を求めて山中に入り込んでいく求道者の姿を描いています。

田中は、その姿を理想とし、美を追求する自分を重ねていたといわれています。

同館学芸員の藤井さんは、「尋牛は田中にとって重要な作品。その中でもとりわけ価値を持つ初代の作品は、田中の作品を知っている人にこそ見てほしいものです」と話します。

なお、初代作は幾つかの手を経て、同美術館に寄贈されています。

特別展は11月6日まで。火曜休館。午前10時から午後4時まで。9月30日と10月28日は美術館ボランティアによる館内ガイドがあります。午前11時からと午後1時30分から。

入館料は300円(小中学生150円)。

詳しくは同美術館(042・341・0098)へ。

小平市平櫛田中彫刻美術館


2020/11/18

小平市平櫛田中彫刻美術館

近代彫刻の巨匠の晩年の住まいを公開 小平市平櫛田中彫刻美術館は、近代日本彫刻の巨匠・平櫛田中が晩年に暮した住まいに隣接して設置された美術館です。 代表作の一つ「鏡獅子」などを常設展示しています。 また、年に4回の企画展を実施し、2年に1度は大掛かりな特別展も行っています。作品やテーマを替えながら、さまざまな形で平櫛田中の魅力を紹介しています。 ここの見どころの一つは、美術館に並んで公開されている、平櫛田中が最晩年を過ごした住まいです。 平櫛田中が98歳から107歳までの10年間を暮した実際の住まいで、田中 ...

ReadMore

2020/8/24

平櫛田中の孫・弘子さんにインタビュー

家族の目から見た彫刻家・平櫛田中とは 98歳で小平市に移住し、107歳で逝去した近代日本彫刻の巨匠・平櫛田中。その邸宅はいま、小平市平櫛田中彫刻美術館として一般公開されています。 田中の実の孫の弘子さんは、その邸宅に田中と共に暮らしました。今は、小平市平櫛田中彫刻美術館の館長を務めています。 生涯現役で厳しい芸術の道を生きたと言われる平櫛田中ですが、孫の目から見たその姿とはどのようなものなのでしょうか。 田中が愛した庭園を前に、2019年秋、小平に移った理由や生前の暮らしぶりなどを語っていただきました。 ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.