鬼怒川氾濫の被災者も講演 職員・市民が災害対策を語らう

災害発生時に西東京市で何ができるか――。

職員と市民が一緒のテーブルで災害対策を考えるというワークショップが、さる7月19日、同市防災センターで開かれました。

定員を超えるほどの関心を集め、職員・市民とも、約30人ずつが参加しました。

 

被災の体験談、そして意見交換

冒頭に、茨城県で活動する認定NPO法人「茨城NPOセンター・コモンズ」の代表理事・横田能洋さんが講演。昨秋の鬼怒川氾濫で自身が被災者となった経験を詳しく説明し、特に、被災ゴミの置き場に困ったことや、自宅避難の過酷さなどを話しました。

その後、「災害ゴミについて」「食事の提供について」など4テーマに分かれて、職員と市民が協議。それぞれの立場から、「市がゴミの留置所を想定しておくことが必要」「緊急時には市職員だけでは対応できない。市民の協力が不可欠」といった意見が飛び交いました。

実際にいつか直面する可能性のあるテーマだけに、参加者の議論は熱を帯びました。

 

地域連携促進を目的に

この催しは、同市市民協働推進センター「ゆめこらぼ」が地域連携促進事業として開いたものです。

協働という観点から、横田さんは、「被災後の混乱した中では、行政と市民をつなげるリーダー的存在が重要となる。日ごろから行政と接点を持ち、地域で活動する市民団体やNPO関係者こそ、その役割を担える人たち。行政職員と歩み寄るためにも、こうしたワークショップは意義深い」などと指摘しました。

NPO法人「茨城NPOセンター・コモンズ」

西東京市市民協働推進センター ゆめこらぼ

西東京市市民協働推進センター「ゆめこらぼ」は、市民活動をサポートし、団体や個人をつないでいく役割を持つ機関です。 交流スペースなどがある「西東京市市民協働推進センター ゆめこらぼ」   団体 ...

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.