10周年演奏会を目前に指導者が突然死…… 先生に届け!   悲しみ乗り越え、ジュニアオケが18日に公演 代役に名指揮者・大友直人さんが名乗り

18日(月・祝)、西東京ジュニア・ユースオーケストラが、設立10周年の記念コンサートを行います。

……が、晴れの舞台のはずのこの公演は、一転、指導者への追悼の意味も持つことに——。

先月、指導してきた西森光信さんが60歳の若さで突然死。公演見合わせの声も出るなか、急きょ、国内外で活躍する大友直人さんが代役を務めることになりました。本番を前に、「是が非でも成功を」と団員の練習は熱を帯びています。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

西東京ジュニア・ユースオーケストラを指揮する、在りし日の西森光信さん

日フィル・ファゴット奏者の西森さんが結成当初から指導

ジュニアオケは、「子どもたちに合奏の楽しさを」と、現在事務局長を務める高橋令子さんらが中心になって2006年に結成。高橋さんの夫の西森光信さんが日本フィルハーモニー交響楽団でファゴットを吹くプロ奏者だったことから、主に西森さんがジュニアオケの指揮を受け持ちました。

現在の団員は小学3年生から大学生までの約25人です。

年に1度の定期演奏会や市民文化祭での演奏など、精力的な活動を続けており、レパートリーもベートーベンの交響曲など本格的です。今回の「設立10周年記念コンサート」でも、ベートーベン交響曲第5番「運命」、J・シュトラウス「美しく青きドナウ」、モーツァルト「ディベルティメント K・136」を披露します。

 

祝賀ムードが一転

この春には公演に向けて合宿を行うなど、祝賀ムードのあったジュニアオケだったが、事態が急転したのは、先月6日のことです。

結成以来の指導者・西森さんが、急性心不全により他界しました。

前日には日フィルで演奏しており、帰宅後もいつもと同じ様子で就寝したそうですが、朝、起きてくることはありませんでした。

 

日フィル一筋40年の音楽人生

西森さんは、岡山県出身で、国立音楽大学を卒業後、日フィルに入団。以来、日フィル一筋で約40年を過ごしました。

その間、指導者として生徒を持つことはほとんどありませんでしたが、唯一、ジュニアオケにだけは熱心にかかわりました。有給休暇を取って練習を見たこともあり、「プロでもアマでもない、ジュニアは特別な存在」と常々語っていたといいます。

ジュニアオケに属して4年という中学2年生の富田麻理乃さんは、西森さんの印象を「いつも笑っていて、明るい先生でした」と振り返ります。

 

「コンサートを成功させることが私たちの責任」

突然のことに団員のショックは大きく、これが初めての葬儀という子どもも少なくなかったことから、「記念コンサートは無理ではないか……」の声も出たといいます。

そんな中で転機となったのが、西森さんの友人の指揮者・大友さんが「ぼくができることなら何でも」と名乗り出てくれたことでした。有名指揮者の大友さんのスケジュールがたまたま空いていた奇遇に、高橋さんは「これも西森のおかげかな」と話します。

急な状況変化は大きな試練となりますが、「これを成功させることが今の私たちの責任」と団員の思いは一つです。

公演は午後1時30分から、同市保谷こもれびホールで。

入場料1000円(高校生以下無料)。同ホールとジュニアオケ事務局で販売中。東京都トヨタ販売会社グループとトヨタ自動車協賛。

詳しくは高橋さん(090・5407・0695)へ。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.