青嵐中図書室でコーヒー!  初開催の「ブックカフェ」が大繁盛

学校の図書室で読書しながらお茶が飲めるって!

――さる11月30日、西東京市立青嵐中学校で「ブックカフェ」が開かれ、普段とは違う学校の雰囲気が多くの生徒を魅了しました。

放課後の図書室を開放し、そこでコーヒーやカルピスなどを一人1杯ずつ振る舞ったもので、生徒たちは列を作ってドリンクを求め、喫茶店にいる気分で読書やおしゃべりを楽しみました。全校生徒の4割にあたる約190人が“来店”しました。

市内で2校目の開催となった青嵐中学校でのブックカフェの様子

 

「毎日やってほしい!」の声も

この催しは、西東京市市民協働推進センター「ゆめこらぼ」の主催で実施された「まちづくり円卓会議」を受けて行われたものです。

生徒たちと地域の大人の接点を生み出すことや、生徒たちがほっと一息つける場所づくりが意図されています。

地域の民生委員など約15人がスタッフとしてかかわりました。

西東京市では、田無第一中学校に続く2例目で、青嵐中は図書室を開放したところにユニークさがあります。

生徒たちからは「毎日やってほしい!」といった声も上がっていました。

来春、2回目を開催予定とのことです。

2020/3/23

「学校にカフェ」 西原みどりさん連載コラム

西東京市で行われている、中学校で「カフェ」を開こうという市民活動。 初期からその活動に取り組み、活動団体「西東京子ども放課後カフェ」では副代表を務める西原みどりさんが、その活動の様子や学校にカフェを開く意義を、全5回にわたるコラムでご紹介くださいました。 下記からお読みください。 第1回:中学生と会話をしていますか? 第2回:学校がキーになる 第3回:カフェが大繁盛 第4回:地域の人が学校に入る意義 第5回:学校に日常と違った空間を

ReadMore

2018/10/16

西東京市で広がる中学校の“カフェ”

大人と子どもがつながる場 27日には報告会&講演会 カルピスや麦茶を手に、地域の大人と中学生がゆるやかにつながろう――西東京市の公立中学校で、放課後の時間帯に市民が手づくりで「カフェ」を開く動きが広まっています。その意義をもっと知ってほしいと、27日(土)には、事例報告と講演会が予定されています。 (※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています) 「カフェ」は、教室や図書室を利用して、放課後に時間限定で開かれています。 地域の大人たちや社会福祉協議会職員、民政委員らが“店員” ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.