遺跡の図面作り生かし、切り絵作家へ  切り絵作家 井上 知子さん

井上知子さん(=写真)のアトリエにて、ル・サロン展入選作品(=左)の前で

西東京市在住の切り絵作家・井上知子さんは、フランスのコンクールで入賞するなど、最近注目の作家の一人です。

その作品は、立体感と色彩の鮮やかさが特長です。では、そのような作品が生まれた背景とは、いったい――!?

 

切り絵作家として異色の経歴

祖父の代から約100年、西東京市(田無)に暮し続けてきたという地元っ子。自身は高校を卒業後、設計事務所に3年間勤め、フリーとなりました。

その後、遺跡の図面を描くという、考古学関連の仕事を10年以上続けた後、43歳の時に切り絵を始めました。

当時、考古学の図面も手書きからパソコンヘ移行しつつありましたが、20年以上積み重ねた技術を生かした活動がしたいと模索した結果、辿り着いたのが切り絵だったといいます。

作品の一例

空想で図柄を生み出す

絵心やレイアウトのセンス、構図など、これまでの仕事と共通する部分が多く、さらに立体的な図面を数多く手掛けてきた経験から、ほかの切り絵作品にはない、より立体的でリアルな作品に仕上がっています。

作品は、古いフランス映画のワンシーンや、ヨーロッパの街並みを彷彿とさせるものが多く、全て空想の世界をテーマにしているので、何かを見て描くのではなく、頭の中に浮かんだイメージから完全にオリジナルの絵を生み出しています。

かつてはロートレックやルノワールも籍を置いたという「フランス芸術家協会」主催のル・サロン展(340年余続く、 世界最古の公募展ともいわれます)で、2012年に入賞。その実力は、世界で評価されています。

創作の様子

進化した切り絵を

作品は1点完成するまで、短くても2週間、長いと3カ月はかかります。その間、作品と向き合う孤独な日々。

それだけに、フランスでの受賞は、感慨ひとしおだったといいます。

「今後も、従来からあるものではなく、“進化した切り絵”にチャレンジしていきたい」

気鋭のアーティストらしく、力強く語ってくださいました。

 

いのうえ・ともこ プロの切り絵作家。2012年ル・サロン展入選、西東京市在住。

 

吉祥寺で個展

明日3日(木)から9日(水)までの午前11時から午後6時(9日は4時)まで、JR吉祥寺駅近くの「ギャラリー永谷2」(武蔵野市吉祥寺本町1の20の1)で「切り絵アート 井上知子展」が開催される。これまでの作品30数点を展示。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

編集部おすすめ

1

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

2

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

3

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

4

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

5

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

6

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

7

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

8

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.