遺跡の図面作り生かし、切り絵作家へ  切り絵作家 井上 知子さん

井上知子さん(=写真)のアトリエにて、ル・サロン展入選作品(=左)の前で

西東京市在住の切り絵作家・井上知子さんは、フランスのコンクールで入賞するなど、最近注目の作家の一人です。

その作品は、立体感と色彩の鮮やかさが特長です。では、そのような作品が生まれた背景とは、いったい――!?

 

切り絵作家として異色の経歴

祖父の代から約100年、西東京市(田無)に暮し続けてきたという地元っ子。自身は高校を卒業後、設計事務所に3年間勤め、フリーとなりました。

その後、遺跡の図面を描くという、考古学関連の仕事を10年以上続けた後、43歳の時に切り絵を始めました。

当時、考古学の図面も手書きからパソコンヘ移行しつつありましたが、20年以上積み重ねた技術を生かした活動がしたいと模索した結果、辿り着いたのが切り絵だったといいます。

作品の一例

空想で図柄を生み出す

絵心やレイアウトのセンス、構図など、これまでの仕事と共通する部分が多く、さらに立体的な図面を数多く手掛けてきた経験から、ほかの切り絵作品にはない、より立体的でリアルな作品に仕上がっています。

作品は、古いフランス映画のワンシーンや、ヨーロッパの街並みを彷彿とさせるものが多く、全て空想の世界をテーマにしているので、何かを見て描くのではなく、頭の中に浮かんだイメージから完全にオリジナルの絵を生み出しています。

かつてはロートレックやルノワールも籍を置いたという「フランス芸術家協会」主催のル・サロン展(340年余続く、 世界最古の公募展ともいわれます)で、2012年に入賞。その実力は、世界で評価されています。

創作の様子

進化した切り絵を

作品は1点完成するまで、短くても2週間、長いと3カ月はかかります。その間、作品と向き合う孤独な日々。

それだけに、フランスでの受賞は、感慨ひとしおだったといいます。

「今後も、従来からあるものではなく、“進化した切り絵”にチャレンジしていきたい」

気鋭のアーティストらしく、力強く語ってくださいました。

 

いのうえ・ともこ プロの切り絵作家。2012年ル・サロン展入選、西東京市在住。

 

吉祥寺で個展

明日3日(木)から9日(水)までの午前11時から午後6時(9日は4時)まで、JR吉祥寺駅近くの「ギャラリー永谷2」(武蔵野市吉祥寺本町1の20の1)で「切り絵アート 井上知子展」が開催される。これまでの作品30数点を展示。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

編集部おすすめ

1

小平市では、コロナ禍における消費減少の喚起と、非接触の決済方式を広めることを目的に、「あなたの街のau PAYキャンペーン」を実施する。 令和3年12月1日(水)〜令和4年1月31日(月)まで、キャッ ...

2

お得キャンペーンで関心高まるマイナンバーカード マイナンバーカードの取得者に5000円分のマイナポイントを付与する事業の第2弾がスタートしたのを受け、各市とも申請のサポート体制を整えている。特に小平市 ...

3

「タウン通信」で運勢鑑定のコーナー「星のオキテ」を本紙で連載している九星気学研究家・野村徳子さんが、昨秋、『気学が導く開運パワースポット』を出版した。 パワースポットの見つけ方や開運の方法などを紹介す ...

4

春風献上。 コロナ禍の下で迎える2回目の新しい年がスタートしました。 2022年は十二支でいえば寅年であり、九星でいえば五黄土星年。この十二支と九星の組み合わせは36年に1回あらわれるもので、今年の立 ...

5

東久留米市の新市長となった富田竜馬市長が、12月28日(火)に初登庁し、午後に、就任記者会見を開いた。 冒頭、就任の挨拶として、「トップリーダーとして先頭に立って汗をかき、やれる、できるの気持ちが市全 ...

6

立候補を表明している現市議会議員の富田竜馬さん。出馬会見の一問一答から、抜粋して以下の通りにまとめた。 (※無所属/新人/自民党、公明党推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「2003年か ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.