独居と訪問診療

在宅診療NOW

まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム

 

私の関わっている患者さんは、何度も入院して、入院生活に嫌気がさし、ご自宅での療養を希望されている方々がほとんどです。

内訳としては肺気腫や心不全、癌の末期、老衰などさまざまな病気をかかえていらっしゃる方が多いのですが、まずは自宅に帰り、入院中は飲めなかったお酒を飲んだり、好きな物を食べたり、想い出の物に囲まれ、想い想いの気持ちで過ごされています。

お一人暮らしをされている方の場合、退院当初は患者さん周囲の介護職や医療職の方々は「 本当に大丈夫だろうか?」と気を揉む状況が散見されますが、時間が過ぎると、独居生活は可能であることがほとんどです。

 

安心感の提供がポイント

患者さんとの対話では、「本当に入院はもう嫌なんだ。容態が悪化したら、在宅でできる範囲の治療で良いんだよ」というお話をよくうかがいます。

また医師という目線で独居生活が続けられている理由を考えると、患者さんの生活や性格を受け入れた上での生活指導や病状の悪化があれば、頻繁に往診をし、緊密に検査加療を行い、患者さんが自宅でも安心して医療を受けられる安心感の提供や信頼を得られ続けたからではないかと思っています。

 

プロフィール

松原 清二

在宅療養支援診療所「まつばらホームクリニック」院長。東京医科大学卒業後、複数の病院勤務を経て、2015年5月に同院開院。西東京市を中心に、練馬区・東久留米市・武蔵野市・新座市などの一部地域を訪問診療で回っている。総合内科専門医、循環器内科医。日本循環器学会専門医、日本内科学会認定医、認知症専門医、認知症サポート医。公式ホームページ:まつばらホームクリニック

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.