ジュゴンに会いに行く

猫 耳 南 風

太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム

 

五月の連休に伊勢神宮を参拝し、鳥羽水族館にも足を延ばした。目的はジュゴン。鳥羽水族館は日本で唯一、ジュゴンを飼育している水族館だ。

* * *

僕は十年ほど前、沖縄の辺野古でジュゴン保護活動に関わり、大学生たちと合宿し、通称「ジュゴンの見える丘」でジュゴンを観測しようと一週間海を眺めていたことがある。稀少生物であるジュゴンに会うことは叶わなかったが、問題は見る、見ないではなく目に見えない相手をいると信じて、いかに心を通わすかだった。

だから、僕が自分の目でジュゴンを見るのはこの日が初めてになるのだが、初めてという気はしなかった。古い友だちと再会したような気分だった。

* * *

ジュゴンは人魚伝説があるくらい、顔つきが人間くさい。沖縄では神の使いとされ、津波を呼ぶという伝説もある。僕の二作目の長編小説『TSUNAMI』は、ジュゴンの津波伝説を題材にしたものだ。

見れば見るほど、ジュゴンは不思議な生き物だ。白くずんぐりした体でゆったり水中を浮き沈みする姿は、生存競争に勝ち抜きながら進化を遂げていった他の生物と明らかに違う。競争から降り進化を止め、宮沢賢治のいう「デクノ ボー」になることで逆に生き延びてきた種族に思える。そういえば顔つきもどこか賢治に似ている。

* * *

僕は辺野古港で座り込みにも参加し、弱い者がむしろ弱さを武器にする沖縄の闘いを見てきた。その姿はジュゴ ンの生き方に通じるものがあった。

その後、東日本大震災があり原発被災地になった故郷に精力を集中したため、沖縄からは離れていったが、沖縄の体験は原発問題と向き合う現在の活動に活かされている。僕がジュゴンから学んだものは大きい。

 

プロフィール

志賀 泉

小説家。代表作に『指の音楽』(筑摩書房)=太宰治文学賞受賞=、『無情の神が舞い降りる』(同)、『TSUNAMI』(同)がある。福島県南相馬市出身。福島第一原発事故後は故郷に思いを寄せて精力的に創作活動を続けている。ドキュメンタリー映画「原発被災地になった故郷への旅」(杉田このみ監督)では主演および共同制作。以前、小平市に暮らした縁から地域紙「タウン通信」でコラムを連載している。

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.