東久留米で図書館フェス 「ひとハコ館長」と市民が交流

 さる5月31日、東久留米市中央図書館で「図書館フェス2015 ひとハコ図書館」が行われました。

このイベントは同館が主催したもので、同地域の地域活動に関わる市民団体や出版関係者ほか幅広いジャンルの参加者が約15のブースを作り、「こんな図書館いいな」をテーマに小さい図書館を展示しました。

種類は“漫画”のみを扱ったものや、“視覚・聴覚がい害者”に向けた図書館など、実にさまざま。一般の参加者はそれらを自由に見てまわり、それぞれの“館長”にコンセプトや意図を質問するなどしました。

ひとハコ図書館の一例

 

図書館は地域コミュニティの場でもある

講演では、著書に『だから図書館めぐりはやめられない』がある元塩尻市立図書館長の内野安彦さんが登壇し、「新しい図書館のはじめ方」をテーマに図書館の可能性について語りました。

講演の様子

内野さんは講演の中で「図書館は『ただで本を借りられる場所』ではなく、地域づくりや住民同士のコミュニケーションを図り、助け合いの場を作る役割もある」などと話し、塩尻市立図書館では同地の名産であるワインの展示を行っていることなどを説明しました。

東久留米市図書館

編集部おすすめ

1

小平市では、コロナ禍における消費減少の喚起と、非接触の決済方式を広めることを目的に、「あなたの街のau PAYキャンペーン」を実施する。 令和3年12月1日(水)〜令和4年1月31日(月)まで、キャッ ...

2

お得キャンペーンで関心高まるマイナンバーカード マイナンバーカードの取得者に5000円分のマイナポイントを付与する事業の第2弾がスタートしたのを受け、各市とも申請のサポート体制を整えている。特に小平市 ...

3

「タウン通信」で運勢鑑定のコーナー「星のオキテ」を本紙で連載している九星気学研究家・野村徳子さんが、昨秋、『気学が導く開運パワースポット』を出版した。 パワースポットの見つけ方や開運の方法などを紹介す ...

4

春風献上。 コロナ禍の下で迎える2回目の新しい年がスタートしました。 2022年は十二支でいえば寅年であり、九星でいえば五黄土星年。この十二支と九星の組み合わせは36年に1回あらわれるもので、今年の立 ...

5

東久留米市の新市長となった富田竜馬市長が、12月28日(火)に初登庁し、午後に、就任記者会見を開いた。 冒頭、就任の挨拶として、「トップリーダーとして先頭に立って汗をかき、やれる、できるの気持ちが市全 ...

6

立候補を表明している現市議会議員の富田竜馬さん。出馬会見の一問一答から、抜粋して以下の通りにまとめた。 (※無所属/新人/自民党、公明党推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「2003年か ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.