黄斑前膜とは

街かど診療室

保谷伊藤眼科・伊藤勇院長のコラム

歪みが生じ、視力が低下していく病気です。

文字通り、網膜の中心で視力を引き出す一番大事な場所(黄斑)に膜が張ってしまう疾患です。

ただ膜だけが張っている場合は問題ないのですが、膜自体が収縮してきてくっついている黄斑にも牽引がかかり、シワが強くなり網膜の層が乱れてしまうと歪みを自覚し始め、さらには視力が低下していきます。

 

フィルムがぐしゃぐしゃの状態

カメラで言うと、フィルムがぐしゃぐしゃになっている状態。

原因はいろいろあります。

目の中の炎症(ぶどう膜炎)の後遺症であったり、自覚なく若いころに目の中の血管が炎症を起こしていて、その際の炎症物質が年月とともに目の奥底に溜まって発症したり、網膜裂孔(網膜に穴が空くこと)の際に網膜の裏側の細胞が目の奥底に溜まって発症したり、原因不明の場合もあります。

 

自覚がないため、放置される例も

健康診断で指摘される場合が多いですが、自覚が無いため、放置してしまう例も。普段は両目でみているため良い方の目が補ってくれるので、自覚の困難さもあります。

もし指摘されたら、1度は近くの眼科で現在の視力や歪みの具合をチェックしてもらうと安心です。

問題がなくても、時々片目ずつで障子の桟などをみると歪みが分かりやすいです。

 

ひどくなったら手術しかない

この病気は、薬でできる治療はありません。ひどくなったら、手術で取り除くしかありません。

以前は視力がかなり落ちてから手術に踏み切る方向性でしたが、現在は自覚症状が出始めたら手術を勧める場合も少なくありません。

 

プロフィール

伊藤 勇

「保谷伊藤眼科」院長。大学病院で最先端の眼科医療に携わった後、同院を開業。白内障等の日帰り手術のほか、網膜硝子体疾患手術、緑内障手術、眼科一般診療などを幅広く行っている。公式ホームページ:http://www.itoganka.com/

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.