加齢黄斑変性といわれたら

街かど診療室

保谷伊藤眼科・伊藤勇院長のコラム

黄斑部の後の脈絡膜が破綻してきて、変性を起こしていく状態を加齢黄斑変性といいます。その病期により、治療は変わってきます。

加齢黄斑変性の前段階では、網膜ドルーゼンという脈絡膜からの滲出物が多く見られます。その状態では、ルテインの摂取をした方としない方で約4倍の発症率の差が出ました。

欧米では、加齢黄斑変性が中途失明率の1位であることから、大きな社会問題であり、積極的にルテインを摂取する方向です。

 

治療法は……

歪視などが発症して、新生血管が膨隆、血液漏出などが始まってきたら、抗血管新生促進因子抗体(抗VEGF抗体)を眼内に注射する治療が数年前から始まりました。

ただし、治癒というよりは進行を防ぐための治療です。また薬剤の費用が高いのが欠点です。

 

積極的に治療を受けてほしい

新生血管を抜去する手術もありますが、治療成績が安定していないこともあり、現在は眼内注射がメーンの治療。脈絡膜自家移植という方法があり、イタリアの硝子体手術グループがその治療成績を発表していますが、全く効果がない方もいるし、治療が奏功した方もいるという状況です。

自家移植ではなく、先日行われたiPS細胞による脈絡膜シートを移植する方法は、現時点で適応基準が難しく、培養シート作成などにかかる費用が2000万円以上ということで、まだまだ乗り越えなければならない壁は多い状況ですが、希望が見えてきています。

積極的に治療を受けていき、失明の危機を乗り越えることが重要です。

 

プロフィール

伊藤 勇

「保谷伊藤眼科」院長。大学病院で最先端の眼科医療に携わった後、同院を開業。白内障等の日帰り手術のほか、網膜硝子体疾患手術、緑内障手術、眼科一般診療などを幅広く行っている。公式ホームページ:http://www.itoganka.com/

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.