加齢黄斑変性とは

街かど診療室

保谷伊藤眼科・伊藤勇院長のコラム

 

人間の眼をカメラでいうと、レンズにあたる部分が角膜と水晶体。角膜移植や白内障手術はレンズ交換にあたります。

そして、周りの風景が眼の中に入ってきた際、それを写す場所、いわゆるフィルムの役割をするのが網膜。この網膜は神経繊維で構成されており、交換は不可能です。

 

視力の大部分は黄斑部で獲得される

網膜の中心部分を黄斑部といい、視力の大部分をこの部位で獲得します。

網膜の裏側には脈絡膜という、血管が豊富な膜があり、網膜を栄養とし眼の中に入ってきた光のエネルギーを冷却、分散する役割を担っています。

実は眼の中はこの脈絡膜のシステムで視力を維持しているのです。

 

黄斑部が疲弊すると…

ではこれが疲弊してくるとどうなるか。

眼の中に入ってきたエネルギーを処理しきれずに血管は傷つき、それを修復しようと新しい血管ができます。

しかし、この新生血管は血管本来の緻密な働きはできません。

やがて耐えきれずに膨隆したり血液成分が漏れたりしてきます。

すると、網膜は押し上げられたり、神経繊維が栄養不足になったりして、変性していきます。

結果、物が歪んで見えたり、見えない場所ができたりと、視力が低下します。

 

早期対応で予防できる

予防法としては、ルテインを含むサプリメントを摂取することで大きな効果があると証明されています。

早期の対応で予防ができるので、心配な方は、ぜひ眼科での検査をお勧めします。

 

プロフィール

伊藤 勇

「保谷伊藤眼科」院長。大学病院で最先端の眼科医療に携わった後、同院を開業。白内障等の日帰り手術のほか、網膜硝子体疾患手術、緑内障手術、眼科一般診療などを幅広く行っている。公式ホームページ:http://www.itoganka.com/

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.