安心して子どもを生める環境を――東久留米の女性ら、市に直訴

団体では初の請願 待機児童を考える会 in 東久留米

さる2月25日、東久留米市役所2階保育課で、同市並木克巳市長や同市議会議長に宛てた「待機児童解消のために認可保育所の増設を求める請願」などの請願や要望書が、待機児童を考える会in東久留米から市へ手渡されました。

2月25日に待機児童を抱える母親たちが集まり、東久留米市長や同市議会宛てに要望書などを提出した。写真は直接同市保育課に手渡す様子

 

これまで個人でこのような待機児童対策の請願が提出されたことはありましたが、同団体がまとまって提出するのは初めてのことです。

保護者14人が異議申立書を提出し、認可保育園が足りないことを市に訴えました。

今回行動に参加したのは、認可保育園に入所できなかった子の親のみならず、入所できた人も含めて総勢20人。皆、小さな子どもを抱えながらの参加となりました。

 

「2人目をやめようか…」の声も

同会の鴨志田芳美さんは手渡す際、「まともに働ける環境が整っておらず、自分のまわりでも『こんなに大変なら2人目はやめようか……』といった声がよく聞かれる。これは市にとっても大きな損失だと思うので、早急に対策をとって欲しい。ぜひ認可保育園の増設をお願いします」と話しました。

2月に各家庭に届いた同市の本年4月の保育所入所の一次結果では、1次募集の段階で受け入れ総数418人に対し、申込者は611人。単純計算で193人が入所できないことになります。

 

「認可保育園」に入れたい

訴えに参加した加藤朋子さんは「ひとまず今回は認可保育園ではないところに入所することになったが、少なくとも認可保育園の倍以上は費用がかかり経済的負担が大きい。安心して任せられるかという不安もあります」と現状を語りました。

同市の並木市長は待機児童について「喫緊の課題」としており、これまで同市では「公立みなみ保育園」(公設民営園)を開園して定員の拡大を図るなどの対策を行っています。

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.