本紙発行人が出版 『議会は踊る、されど進む』

東久留米市政から小平住民投票まで――

本紙発行人の谷隆一がまとめた書籍『議会は踊る、されど進む~民主主義の崩壊と再生』(ころから)が、本日4日、出版されます(2015年3月4日)。

通年予算の専決処分や教育長選任見送りなど数々の異例事態が起こった馬場一彦前市長による東久留米市政を主な例に、地方自治や民主主義の今後のあり方を探った一冊です。

約15年にわたり東久留米、小平、西東京の各市などで取材活動を行ってきた谷が、このエリアの出来事をベースにしながら、政治に対する市民の無関心がどのような事態を引き起こすのか、その無関心の原因は何かなどを指摘しています。

 

狛江市の革新市政などもレポート

本書は二部構成です。

一部では東久留米市政の混乱について、「市長」「財政」「議会」「市民」「選挙」の5つの視点から検証しています。

また、二部では、共産党員市長による長期政権が築かれた狛江市の事例と、小平市で行われた住民投票を例に、市民の政治参加のあるべき姿を模索しています。

四六判、256ページ。出版社は「ころから」。1600円(税別)。

全国書店及びネット書店で購入できます。お問い合わせなどは出版社「ころから」(03-5939-7950)へ。 

『議会は踊る、されど進む~民主主義の崩壊と再生』

編集部おすすめ

1

東久留米市では、30%のプレミアム付き商品券を追加販売する。 6500円分の商品券を5000円で購入できる。 「ブラック・ジャック」のキャラクターと、東久留米市のマスコットキャラクター・るるめちゃんが ...

2

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

3

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

4

コロナ禍のもと、異例づくしの夏が終わって、日の入り時刻もどんどん早くなってきました。長月といえば9月の異称ですが、これは「夜長月」から転じた言葉。23日の秋分の日を過ぎたら、いよいよ秋の夜長の到来です ...

5

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

6

猛暑続きのなか、一旦雨が降り出せばたちまち豪雨という昨今。台風も本格化するこの時季に、地域の水害の恐れについて調べてみた。 洪水や土砂崩れの危険地域はハザードマップで示されているので、一度はチェックし ...

7

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

8

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

9

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

10

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

11

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.