本紙発行人が出版 『議会は踊る、されど進む』

東久留米市政から小平住民投票まで――

本紙発行人の谷隆一がまとめた書籍『議会は踊る、されど進む~民主主義の崩壊と再生』(ころから)が、本日4日、出版されます(2015年3月4日)。

通年予算の専決処分や教育長選任見送りなど数々の異例事態が起こった馬場一彦前市長による東久留米市政を主な例に、地方自治や民主主義の今後のあり方を探った一冊です。

約15年にわたり東久留米、小平、西東京の各市などで取材活動を行ってきた谷が、このエリアの出来事をベースにしながら、政治に対する市民の無関心がどのような事態を引き起こすのか、その無関心の原因は何かなどを指摘しています。

 

狛江市の革新市政などもレポート

本書は二部構成です。

一部では東久留米市政の混乱について、「市長」「財政」「議会」「市民」「選挙」の5つの視点から検証しています。

また、二部では、共産党員市長による長期政権が築かれた狛江市の事例と、小平市で行われた住民投票を例に、市民の政治参加のあるべき姿を模索しています。

四六判、256ページ。出版社は「ころから」。1600円(税別)。

全国書店及びネット書店で購入できます。お問い合わせなどは出版社「ころから」(03-5939-7950)へ。 

『議会は踊る、されど進む~民主主義の崩壊と再生』

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.