まつばらホームクリニック・松原院長が書籍発行

2020年5月26日

西東京市を拠点に活動する在宅医療専門医「まつばらホームクリニック」の松原清二院長が、同院5周年に当たる今月、この5年間の記録をまとめた『在宅医療最前線〜『最期まで家で』が分かる本〜』を出版しました。

 

本紙連載分の中からえりすぐった44編のコラムを収録するほか、開院5周年に合わせた書き下ろし原稿、5年間の実績の紹介、などがカラーページの見やすいレイアウトでまとめられています。

高齢者を意識した大きめの文字で読みやすくなっています。

「これからますます在宅医療が必要になっていくなか、地域の方々に正確な情報をお届けできたらと思います。また、当院の活動が、医療、介護にかかわる方たちに何かヒントになったらうれしいです」

と松原院長。

なお、同書は本紙編集部が編集しました。

同書はB5判、114ページ、オールカラー、1980円。

まつばらホームクリニック、本紙(タウン通信)で販売中。

詳しくは同クリニック(042・439・1250)かタウン通信(042・497・6561)へ。

アマゾンでも販売中

 ◎まつばらホームクリニック(動画あり)

まつばらホームクリニック

「まつばらホームクリニック」は、西東京市・東久留米市・新座市・練馬区等を中心に在宅診療を行っているクリニックです。 院長の松原清二医師は、もともとの専門の循環器系に加え、総合内科医、認知症専門医として ...


特典映像

同書を購入された方に限り、特典映像が見られます。

編集・構成を担当した株式会社タウン通信の谷隆一が、松原清二院長に、同書に込めた思いや先生のプライベートの姿などを聞いています。

(インタビューは、新型コロナウイルスの影響で、オンラインにて実施しています)

動画の暗証番号(パスワード)は、同書奥付(最後のページ)の最下部に記載されています。

特典動画

編集部おすすめ

1

手塚治虫さん原作のマンガ「ブラック・ジャック」の登場キャラクターをモチーフにしたデザインマンホール蓋が、東久留米市内5カ所に登場します。 市制施行50周年を記念した事業で、手塚さんが1980年から約1 ...

2

西東京市在住の切り絵作家・小出蒐さんが、2月初旬に、切り絵作品「疫病退散の婀魔毘依(アマビエ)」を田無神社に奉納しました。 アマビエは疫病の流行を予言した妖怪といわれており、今回の奉納は、国土の安寧と ...

3

コミュニティラジオ放送局「FMひがしくるめ」(85.4MHz)で、小平市の職員・神山伸一さんと清瀬市の職員・植田貴俊さんがパーソナリティーを務める番組「ほくほくラジオ」が、2月12日(金)、1周年を迎 ...

4

西東京市立田無第一中学校の生徒たちが、エコキャップ運動に取り組んでいます。 エコキャップ運動は、ペットボトルのふた(エコキャップ)を収集し、そのリサイクルで発生した利益を発展途上国の子どもたちのワクチ ...

5

任期満了に伴う小平市長選挙が4月4日(日)投開票で実施されるのを前に、小平市議会議員で現在、議長を務める磯山りょうさんが、立候補を表明しました。 磯山議長は、愛知県尾張旭市出身の41歳。早稲田大学在学 ...

6

任期満了に伴う小平市長選挙が2021(令和3)年4月4日の投開票で実施されるのを前に、小平市の小林洋子市議会議員(フォーラム小平)が立候補を表明しました。 小林議員は立憲民主党に所属していましたが(1 ...

7

庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市で、5月から新庁舎が稼動するのを前に、一足早く、ミツバチの引っ越しが始まっています。  (関連記事:清瀬のミツバチが仮住まいへ) 現庁舎の屋上から、巣箱を運び出す職員た ...

8

新型コロナウイルス感染症の感染拡大で誰もが不安になっているなか、東久留米市にある「南沢シュタイナー子ども園」の担任教師で理事の鴨狩香代子さんは「子どもにコロナの情報を伝える必要はありません」と子どもを ...

9

西東京市に本社を置く「シチズン時計」が主宰する「シチズン・オブ・ザ・イヤー」(シチズン賞)の今年度の受賞者に、小平市にある放課後等デイサービス「ゆうやけ子どもクラブ」の代表・村岡真治さん(62)と、東 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.