学校給食用の新潟県産のお米を販売 東村山市

東村山市では、臨時休校で使用されなくなった小中学校の給食用のお米を本日4月30日(木)から5月14日(木)まで、販売します(予定量に達した時点で終了予定)。

市民を対象に、食品ロスを防ぐことや、給食の魅力を知ってほしいと実施するものです。

 

コシヒカリの孫にあたるお米

同市の学校給食で使用しているお米は、姉妹都市である新潟県柏崎市で生産された「こしいぶき」(100%)です。東村山市米穀小売商組合から納品されています。

こしいぶきは、「ひとめぼれ」と「どまんなか」を掛け合わせた品種です。「ひとめぼれ」は、「コシヒカリ」と「初星(はつぼし)」を掛け合わせた品種なので、いわば、コシヒカリの孫に当たるお米といえます。

もちっとした食感で、やや甘みがあるのが特徴とのことです。炊く場合は、水量をやや少なめにしたほうが良いとのことです。

 

配達で6キロ・2520円

今回は、6キロ=2520円、10キロ=4200円で販売されます。

東村山市民が対象で、取り扱いは市内の3店舗が行います。

エリア別に分担されており、注文を受けて配達するとのことです。なお、上記は、配達料込み・税込みの価格になります。

なお、今回の販売量は2トン程度を予定しており、5月14日前でも、定量に達した場合は、販売終了の可能性があるとのことです。

ちなみに、同市の小中学校での給食の年間消費量は約100トンとのこと。

今回はそのうちの2トン程度となりますが、同市教育部学務課の進藤岳史課長は「お米は保存もできるので、初の試みでもあり、控えめの量を予定しました。市民に給食食材の良さを知ってもらえればと企画しています」と話しています。

 

販売箇所は3店、注文は電話で

販売箇所は以下の3店です。

東村山市ホームページより転載

日・祝は定休です。

注文は電話で受け付けています。

なお、東村山市と新潟県柏崎市は、1976年に始まったスポーツ交流をきっかけに縁ができ、1996年に正式に姉妹都市となっています。

東村山市・学校給食米販売

編集部おすすめ

1

新型コロナウイルス(以下「コロナ」)との闘いが長期戦になりそうな今、改めて見直したいのが、そもそもの「健康」や「免疫力」です。 清瀬市にある明治薬科大学でセルフメディケーションを専門に研究・指導する石 ...

2

多摩北部に隣接する所沢市。今、所沢がどんどん変わっています。 所沢市と株式会社KADOKAWAによる大規模商業・文化施設「ところざわサクラタウン」は、11月6日のグランドープン予定。 それに先駆け、一 ...

3

多摩六都科学館の夏の特別企画展「カラダで実験! アタマで納得! ロクト運動サイエンスパーク」が、7月18日から始まりました。 会期は8月30日まで。 開催日前日の7月17日に内覧会が開かれたので、その ...

4

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるこの夏、西武園ゆうえんち(所沢市)は制限を設けながらプール営業を行うことを発表しました。 開園は7月18日(土)で、20日(月)から22日(水)までの3日間を休 ...

5

昭和39年頃から平成15年頃までの東村山の写真を展示する企画展「写真でふりかえる東村山の出来事」が、8月30日(日)まで、東村山ふるさと歴史館で開かれています。 企画展のポスター   広報誌 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.