「コロナ」への当院の取り組み

在宅診療NOW

まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム

 

(今回は「まつばらホームクリニック」訪問看護認定看護師・齋藤雅子さんが寄稿)

前回に引き続き、新型コロナウイルスに対する当院の取り組みをご紹介します。

独り暮らしのAさんは、訪問介護とデイサービスを利用しています。

ある日、平熱は35度台なのに36・5度あり、「頭が重くだるい」とデイサービスをお休みになりました。すると、その連絡を受けた息子さんから当院に、「PCR検査を受けさせたい」と相談がありました。

ご心配な気持ちは分かりますが、検査対象でない状態であることを説明し、納得していただきました。

医師は、翌診療日に往診し、平熱であること、呼吸状態が良好であることを確認し、通常の生活を続けるよう指示しました。その後も状態は安定していて、デイサービスにも通えています。

 

感染疑いが強い方への対処

Bさんは、ショートステイ中に高熱と息苦しさのため、自宅に戻りました。

施設内の同じフロアにPCR検査を受けている人がいたことから、当院ではBさんは新型コロナウイルス感染の可能性があると考えて、防護服を着用し、念入りに消毒して、診療に当たりました。

また、専属看護師を選任し、その看護師の訪問先はBさん宅だけに限定しました。さらに、ご家族には家庭内感染予防方法を指導しました。

発症していた肺炎は、点滴治療と在宅酸素療法を行い、治癒しました。その後に、同時期、同じ施設にいた利用者のPCR検査結果が陰性と判明し、安心しました。

 

ケアマネさんからの相談にも対応

ケアマネジャーさんやヘルパーさんからも、発熱している利用者を訪問してよいかと相談されることが増えています。

その際は、感染予防をしっかり行い、サービスの提供頻度を必要最小限にするなどの工夫をするようアドバイスしています。

当院では、発熱と伝えられたその利用者さんに対しては、速やかに往診をしています。そしてPCR検査の対象であると判断した場合には、検査機関に連絡する体制を敷いています。

当院も、防護服や消毒薬が入手しづらい状況にありますが、細心の注意を払って感染予防に取り組みながら、診療に当たっています。

 

「まつばらホームクリニック」紹介記事(動画あり)

まつばらホームクリニック公式ホームページ

編集部おすすめ

1

『よく分かる気学(東洋占星術)入門』など著書多数の野村徳子さんが鑑定 暑中お見舞い 申しあげます。 7月はバカンスの季節とはいえ、今年はいつもと違う夏。どこへ行くにもまずコロナ対策。そして熱中症にも要 ...

2

東久留米市に2店舗がある「スーパーコインランドリーしのみや」は、洗濯から乾燥までワンストップでできる、生活に便利なコインランドリーです。 大型、中型、小型と各機種があるので、量に合わせて無駄なく洗濯が ...

3

任期満了に伴う東京都知事選挙が7月5日(日)投開票で実施されるのを前に、多摩北部の各市でも選挙への準備が始まっています。 今回、とりわけ注目されているのが、投票所。1カ所に大勢が集まる場だけに、どのよ ...

4

9月から使える「お食事券」を先に買ってください――。 新型コロナウイルスの影響で売上減少に苦しむ東久留米市の約30の飲食店が、このたび合同で、支援を呼びかけるクラウドファンディングに挑戦しています。 ...

5

新型コロナウイルスによる影響を特に大きく受けている地域の飲食店を救おうと、各地で取り組まれている「#エール飯」プロジェクト。 各店のテイクアウトメニューの情報をSNSでシェア・拡散する取り組みですが、 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.