がん・白血病乗り越え歌うSatokoさん

西東京市に暮らす歌手・Satokoさん。

人前で歌う機会は年間100日にものぼるというシンガーソングライターで、特に、全国のこども病棟などを回り、歌で励ます活動に力を入れています。

また、自ら人々が集まる場を作ることもしばしば。声がかかればできるだけ出かけ、ピアノやギターを弾きながら、歌謡曲、ボサノバ、オリジナル曲などを披露しています。

シンガーソングライターのSatokoさん

35歳のがん発病が転機に

Satokoさんがこのように精力的に歌う背景には、実は、ご自身の病気があります。

発覚したのは2005年、35歳のときのこと。健康診断で子宮頸がんが見つかり、さらに検査を重ねるなかで、慢性骨髄性白血病が判明しました。

出産を考えていた時期でもあり、「女性としての夢を絶たれた」と絶望したSatokoさんでしたが、病気の仲間と「がんカフェ」などで語り合ううちに少しずつ癒され、次第にギターを手に、人前で歌うようになっていました。

もともと大学で作曲を学び、作曲家として活動していたSatokoさん。人々と集まり、心を通わせるのに、「音楽」をコミュニケーションに用いるのは自然の選択でした。

最初は小さな集まりから始まり、だんだんとその場が大きくなっていったといいます。

 

「音楽の力」を感じながら

Satokoさんは2015年から、長期療養の子どもらを歌で励まそうと活動する特定認定NPO法人「スマイリングホスピタルジャパン」のアーティストとして全国を回っています。

病棟では、寝たきりの人が歌に反応を示すなど、「音楽の力」を実感することも多いそうです。

そんなSatokoさん自身も、今では慢性骨髄性白血病が寛解しているとのことです。

Satokoさんのコンサートの様子を1分ほどの動画にまとめました。一部だけですが、オリジナル曲などが聴けます。ぜひご覧ください。

動画(1分3秒)

なお、Satokoさんは、CD作品もいくつか出しています。宮古島とのかかわりが深く、代表曲の「宮古の風」は、宮古島を訪ねたときにふっと湧いてきた歌なのだとか。

詳しくはSatokoさんのホームページをご参照ください。

データ

Satokoさん

◎ホームページ http://www.nadyamusic.com/

編集部おすすめ

1

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

2

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

3

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

4

コロナ禍の下で迎える3回目の師走となりました。 12月は二十四節気の大雪(7日)、冬至(22日)と続いて、冬のまっさかり。冬至の前後は1年中で夜の最も長い、「陰」の深い時期です。 でも、この時期をすぎ ...

5

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

6

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

7

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.