「つむぐ展」 11月4日まで多摩六都科学館で

多摩六都科学館で、生きものから生まれる糸と布に焦点を当てる企画展「つむぐ展」が、11月4日(月、祝)まで開かれています。

ヒツジ、蚕、麻などの繊維をつくる生き物の紹介や、糸ができるまでの工程、布を織り、編む技術についてなど、「糸」と「布」を多角的に紹介します。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

「生きものから生まれる糸と布」テーマに

「つむぐ・おる・あむ」を気軽に体験できるコーナーが常設されるほか、別会場で日替わりで「オリジナルキャンバスバッグをつくろう」(26日、27日=当日申し込み、材料費900円)、「もふもふな羊毛でフェルトのロリポップキャンディ風ストラップをつくろう」(19日、20日、22日、11月2日、3日、4日=当日申し込み、材料費200円)などがあります。

会場には、糸紡ぎの器具や、織り機、さらにはマイクロスコープなどがあり、過去、現在と、糸や布が私たちの生活に欠かせないことを感じさせてくれます。

なお、会場のレイアウトは、武蔵野美術大学で教鞭を執るクリエイターの、たなはしさなえさんが担当しています。

開催直前に公開された会場の様子を動画でご紹介します。企画者の研究・交流グループ、北村沙知子さんからもコメントをいただきました!

動画(42秒)

データ

つむぐ展

◎10月12日(土)〜11月4日(月、祝)

◎午前9時30分〜午後5時

◎入場料等は公式ホームページご参照を

◎公式ホームページ https://www.tamarokuto.or.jp/

 

編集部おすすめ

1

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

2

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

3

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

4

コロナ禍の下で迎える3回目の師走となりました。 12月は二十四節気の大雪(7日)、冬至(22日)と続いて、冬のまっさかり。冬至の前後は1年中で夜の最も長い、「陰」の深い時期です。 でも、この時期をすぎ ...

5

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

6

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

7

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.