国登録有形文化財の下保谷の「民家」(西東京市)

相続などの影響もあって、どんどん昔ながらの「屋敷」が姿を消すなか、2018年(平成30年)春に国登録有形文化財に登録されたのが、西東京市下保谷にある「高橋家」です。

下保谷で高橋家というと、「旧高橋家」とも親しまれる「下保谷四丁目特別緑地保存地区」を思い浮かべそうですが、こちらの「高橋家」は別のお宅です。といっても、両家は徒歩1分ほどのご近所。一帯は、かつての武蔵野の面影を色濃く残しています。

新たに国登録有形文化財に登録された「高橋家」

 

かつての武蔵野の暮らしを伝える旧家

さて、新たに登録された「高橋家」。登録されたのは、主屋、土蔵、衣装蔵、納屋、表門の5棟です。

同家を所有する高橋孝さんによると、敷地は総面積1200坪とのこと。主屋は昭和2年に竣工。土蔵や衣装蔵は明治8年以前の建築だそうです。

高橋家は、江戸期には交代名主を勤めた旧家で、明治以降、雑穀の仲買、製茶、藍玉づくり、生糸生産などを幅広く行い、財を成したそうです。いろいろな事業に取り組むなかで敷地内の整備も必要だったらしく、藍玉で水を用いることから、敷地内には井戸が4つもあったりします。

 

「維持するのは容易ではない」

緑豊かな庭と、広々した邸宅。なんともうらやましい限りですが、実は、そうのん気な話でもないようです。

「維持していくのは容易ではない」と高橋さんは漏らします。

特に木々の管理が困難だそうで、落葉の季節などは、樋の掃除を頻繁に行わなければならないそうです。木々が大ぶりなので、伸びた枝を切るのも一苦労です。

ちなみに、高橋孝さんはこの地域の郷土史に詳しく、研究を続けています。自身も歴史ある住まいを残すことに、責任を感じているようです。

 

表門、米蔵(衣装蔵)、主屋を、それぞれ高橋さんにご紹介いただきました。屋敷林の様子と併せて、約1分の動画でご覧ください。

57秒

データ

住所:西東京市下保谷4-6

 

編集部おすすめ

1

『よく分かる気学(東洋占星術)入門』など著書多数の野村徳子さんが鑑定 暑中お見舞い 申しあげます。 7月はバカンスの季節とはいえ、今年はいつもと違う夏。どこへ行くにもまずコロナ対策。そして熱中症にも要 ...

2

感染者数が高止まりしているとはいえ、ひとまずは「外出自粛」「ステイホーム」などが解かれ、「新しい生活様式」のなかで日常生活が戻りつつある今。 このタイミングで改めて、地域医療を見つめてみました。 する ...

3

東久留米市に2店舗がある「スーパーコインランドリーしのみや」は、洗濯から乾燥までワンストップでできる、生活に便利なコインランドリーです。 大型、中型、小型と各機種があるので、量に合わせて無駄なく洗濯が ...

4

9月から使える「お食事券」を先に買ってください――。 新型コロナウイルスの影響で売上減少に苦しむ東久留米市の約30の飲食店が、このたび合同で、支援を呼びかけるクラウドファンディングに挑戦しています。 ...

5

武蔵野美術大学(小平市)内にある「武蔵野美術大学 美術館」で、7月中の日曜日の5日、12日、19日、26日の4日にわたり、「令和元年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開かれます。 大学 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.