たまには宣伝を

猫 耳 南 風

太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム

 

最近、僕の関わった本が二冊出ましたのでお知らせします。

一冊目は『フクシマ発』(現代書館、1944円)。

福島県に深い関わりを持つ作家や文化人、実業家等による共著です。

福島県の未来について福島県の内側から声を上げようというコンセプトで編まれた本ですが、類書と比べると、著者の語り口に共通してやさしさがあります。読んでいるとほっこり心が温まる思いがします。自分の身体を使って活動している人は、総じて明るいものです。

ちなみに僕は、「無人の小高町を歩く」というエッセイを寄せています。僕が出演した記録映画『原発被災地になっ た故郷への旅』を中心に書いていますが、僕の言いたいことはつまり「子供たちに生きる力を与える故郷でなければ故郷ではな い」ということです。

* * *

二冊目は『アクション!』(アトラス出版、1404円)。

『原発被災地~』の監督杉田このみさんの対談集です。「地域を変える8人との対話」とサブタイトルがついています。

僕は作家を志した頃から現在に至るまでの道行きを主に故郷との関わりで語ったのですが、一番言いたかったのは 「風土を守っていけば故郷を守れる」ということです。

二冊とも一般書店で購入できますが、置いていない時は店員さんに頼んで注文して下さい。ネットでも購入できますが、批評社からも『フクシマ 発』という同名の書籍が発売されていますので、お間違いのないようお願いします。(批評社版にも僕は参加しています)

 

プロフィール

志賀 泉

小説家。代表作に『指の音楽』(筑摩書房)=太宰治文学賞受賞=、『無情の神が舞い降りる』(同)、『TSUNAMI』(同)がある。福島県南相馬市出身。福島第一原発事故後は故郷に思いを寄せて精力的に創作活動を続けている。ドキュメンタリー映画「原発被災地になった故郷への旅」(杉田このみ監督)では主演および共同制作。以前、小平市に暮らした縁から地域紙「タウン通信」でコラムを連載している。

 

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.