全国初!高校3冠&7つの金メダル 暁星高等学校「競技かるた部」キャプテン  亀井雄介さん(東久留米市在住)

都内の暁星高等学校に通う3年生( 17歳)の亀井雄介さん。さる7月19日、20日に行われた、「第37回全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会」で個人&団体のW優勝を飾り高校生日本一に輝きました。

同校は、「かるたの甲子園」ともいわれる同大会で、団体戦に今年まで8年連続で優勝している「競技かるた」の強豪校です。亀井さん自身は高校1年から3年まで同大会団体戦に出場し、3連覇も経験しました。

さらに今年は、その後に行われた7月末の「第39回全国高等学校総合文化祭」のかるた部門の都代表としても3年連続優勝を果たし、高校生の大会で史上初の7冠を達成しています。

賞状を手にする亀井さん

 

中学から競技をスタート

田無に生まれたという亀井さん。小学校進学と同時に東久留米に転居し、小学校から現在まで小中高一貫の同校で学んできました。

競技かるたを始めたのは中学生からです。尊敬する先輩に誘われたのがきっかけでした。

競技かるたはコンマ何秒という一瞬の攻防が繰り返されるので、「感じ(聴力)」の良さなど天性の才能も重要になってきますが、一方で練習や工夫次第で取るスピードは速くできます。

高校3年生で体重45キロと体は決して恵まれているとはいえませんが、その分、肘の曲げ方や指の広げ方など細かい点まで常に工夫しながら強くなっていきました。

大会では1試合に1時間はかかります。それを多い場合は1日7試合。朝から夜まで続きます。

糖分が不足し頭がぼんやりしてくるので、試合の合間には砂糖と塩を“固まり”で補給します。

膝は痛み、季節によっては熱中症対策も必要。7月の選手権では、2日で3キロ痩せました。

競技中の亀井さん

 

「誰よりも一番早く取れた」瞬間が、気持ち良い

競技かるたは激しいスポーツでありつつ、戦略性の高い頭脳戦という側面もあります。

試合中常に神経をすり減らしながらも、いかに集中を途切れさせないか、またどれだけ普段通りリラックスできるかという、相反する命題をこなさなければなりません。

そんななか、何十組と競技している会場で「誰よりも一番早く取れた」と感じる瞬間が、「最高に気持ちが良い」といいます。

この夏は1度も負けませんでした。

「全国で誰よりも多く試合をして、誰よりも負けなかったこと、それが何より嬉しいです」

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.