西東京市の「高橋家屋敷林保存会」に国土交通大臣表彰

かつての豪農の住まいを緑地保全の拠点として保存している、西東京市の「下保谷四丁目特別緑地保全地区」。その保全や活用を市と協働で行っている市民団体「高橋家屋敷林保存会」が、先頃、全国「みどりの愛護」のつどいで、国土交通大臣表彰を受けました。

国土交通大臣表彰を受けた「高橋家屋敷林保存会」のメンバーたち。中央で感謝状を持つのが代表の高橋俊郎さん

ほぼ毎日、除草などを作業。野草園の公開なども

保谷駅北口から徒歩5分ほどの場所にある同地区には、約1.1ヘクタールの広さに旧家と屋敷林があり、樹高20メートルを超えるケヤキ、シラカシなどの高木も残されています。都市開発が進む地域で、武蔵野の面影を伝えるとともに、貴重な緑の拠点となっています。

この地区を市と共に整備している同会は、55人が所属し、ほぼ毎日、清掃や除草などを行っています。地域の人たちの利用も意識し、イベント開催などにも関わってきています。

また、エリアの一部に「野草園」も作り、100種類以上の野草を育て、毎週金曜日の午前中に一般公開もしています。

 

メンバーの高齢化が進むも、「表彰を励みに活動を続けたい」

今回の表彰はこうした取り組みが評価されたもので、同地区の魅力を紹介する写真集『武蔵野の屋敷林』を私費で発行するなどしてきた同会代表の高橋俊郎さんは、

「地域の緑や文化を守りたいと地道に続けてきました。私自身、90歳目前で、会のメンバーの高齢化が課題になっていますが、この表彰を励みに、活動を続けていきたいです」

と話しています。

なお、西東京市の団体では、過去に、「西原自然公園を育成する会」(2014年)、「西東京  自然を見つめる会」(2015年)、「NP0法人西東京花の会」(2016年)も表彰を受けています。

 

2020/7/22

下保谷四丁目特別緑地保全地区(旧高橋邸)

かつての豪商の住まいを「保存地区」に 保谷駅北口・あらやしき公園北側にある「下保谷四丁目特別緑地保全地区」は、「高橋家」というかつての豪農の住まいを市が買い取った「保存地区」です。 現在、この保存地区は市民ボランティアの手で管理され、年に数回、文化イベントや紅葉ライトアップなどで一般公開されています。 そのボランティア団体「高橋家屋敷林保存会」代表の高橋俊郎さんにご案内いただき、同地区を取材してきました! 雨模様の日の撮影でしたが、緑の豊かさを感じていただけるはずです。1分ほどの動画にまとめています。まず ...

ReadMore

2019/7/3

「屋敷林の魅力伝えたい」 保存会の高橋俊郎さんが写真集発行

私費で出版 市に寄贈も 屋敷林の魅力をもっと多くの人に知ってほしいと、先頃、西東京市の高橋俊郎さんが写真集『武蔵野の屋敷林』を私費で出版しました。印刷した1000部のうち500部を、同市に寄贈しています。   刊行した写真集を手にする高橋俊郎さん この写真集では、保谷駅北口近くにある「下保谷四丁目特別緑地保全地区」で撮影した約200点を収録。草木や花の写真が多く、サクラ、紅葉、雪景色と、一冊で四季を追える内容となっています。草花の種類が多く、同地のその自然の豊かさに驚かされます。 同保全地区は、かつての豪 ...

ReadMore

2017/5/17

「屋敷林」を見直して!  願い込め、市民が冊子を作成 所有者の声も掲載

願いを込め、所有者の声も収録 地域の人々の暮らしぶりを伝える「屋敷林」の価値を見直してほしい――先頃、西東京市の市民団体「屋敷林の会」が、屋敷林を紹介する冊子「屋敷林 武蔵野に生きて、西東京市の今へ~自然と共生してきた人の営み」を発行しました。   かつては生活に不可欠だった「屋敷林」 下保谷4丁目の高橋家が来年市に全面移管されるなど、屋敷林保護の機運が生まれつつあるなか、会のメンバーは、「屋敷林を残していくためにも、多くの人にその価値や魅力を知ってほしい」と訴えています。 屋敷林は、かつての農 ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

2

コロナ禍のもとで迎える2度目の6月。世の中が右往左往しているうちに、今年も、はや1年の折り返し点の月がやってきました。 暦は自然のリズムそのもの。人の世に何があろうと、淡々と流れてゆきます。 21日に ...

3

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

4

5月6日㈭、清瀬市の新庁舎が開庁し、開庁式が行われました。 式典は華やかな雰囲気で執り行われ、清瀬小学校5年生有志による清瀬讃歌の合唱などもありました(渋谷金太郎市長がエレクトーンで伴奏)。 清瀬市の ...

5

持続可能な世界を目指す国際的な取り組み「SDGs」を地域から実践しようと、5月17日、小平市内にキャンパスがある錦城高等学校3年生の櫻井晃太郎さんと山田祐菜さんが小平市環境政策課を訪ね、「ミートフリー ...

6

5月2日、西東京市の田無駅北口近くに「肉汁餃子のダンダダン」がオープンしました。 「日常的に餃子とビールを楽しめる店」という新しい価値観を提供し、餃子ブームの火付け役となった「肉汁餃子のダンダダン」は ...

7

東久留米市に10万平方メートルのキャンパスがある自由学園が、今年、創立100周年を迎えています。 4月には、それを記念した書籍『本物をまなぶ学校 自由学園』が出版されました。 自由学園南沢キャンパス ...

8

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

9

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.