下保谷四丁目特別緑地保全地区(旧高橋邸)

かつての豪商の住まいを「保存地区」に

保谷駅北口・あらやしき公園北側にある「下保谷四丁目特別緑地保全地区」は、「高橋家」というかつての豪農の住まいを市が買い取った「保存地区」です。

現在、この保存地区は市民ボランティアの手で管理され、年に数回、文化イベントや紅葉ライトアップなどで一般公開されています。

そのボランティア団体「高橋家屋敷林保存会」代表の高橋俊郎さんにご案内いただき、同地区を取材してきました! 雨模様の日の撮影でしたが、緑の豊かさを感じていただけるはずです。1分ほどの動画にまとめています。まずはこちらからご覧ください。

動画(1分6秒)

 

かつての武蔵野の住まいに不可欠だった屋敷林

この保存地区の特徴は、平屋の屋敷を覆うような豊かな「屋敷林」にあります。屋敷林は、水が乏しく、風も強く吹いた武蔵野一帯では、家屋を守るために不可欠のものでした。さらに人々は、そこから薪を取り、落ち葉を肥料にし、材木を得るなどしていました。

生活環境が変わり、現代の生活では屋敷林は必要ではなくなっていますが、宅地化の進む中で、今では緑地保全の観点からその存在が重要視されています。屋敷林ではさまざまな草木が茂り、動植物が生息・飛来しています。

 

野草園は毎週金曜日に一般公開

この保存地区は、通常は一般公開されていませんが、屋敷林の一角で市民の手で作られている「野草園」だけは、毎週金曜日の午前中のみ公開されています。

見ごろは春だそうです。100種類以上の野草が育てられています。

 

ポイント

下保谷四丁目緑地保全地区

◎西東京市下保谷4-7-4

市ホームページ(野草園)

PDFパンフレット

 

編集部おすすめ

1

新型コロナウイルス(以下「コロナ」)との闘いが長期戦になりそうな今、改めて見直したいのが、そもそもの「健康」や「免疫力」です。 清瀬市にある明治薬科大学でセルフメディケーションを専門に研究・指導する石 ...

2

多摩北部に隣接する所沢市。今、所沢がどんどん変わっています。 所沢市と株式会社KADOKAWAによる大規模商業・文化施設「ところざわサクラタウン」は、11月6日のグランドープン予定。 それに先駆け、一 ...

3

多摩六都科学館の夏の特別企画展「カラダで実験! アタマで納得! ロクト運動サイエンスパーク」が、7月18日から始まりました。 会期は8月30日まで。 開催日前日の7月17日に内覧会が開かれたので、その ...

4

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるこの夏、西武園ゆうえんち(所沢市)は制限を設けながらプール営業を行うことを発表しました。 開園は7月18日(土)で、20日(月)から22日(水)までの3日間を休 ...

5

昭和39年頃から平成15年頃までの東村山の写真を展示する企画展「写真でふりかえる東村山の出来事」が、8月30日(日)まで、東村山ふるさと歴史館で開かれています。 企画展のポスター   広報誌 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.