地球にも家計にも優しいペットボトル回収  小平のセブン-イレブンに自動回収機

店頭にある自動回収機にペットボトル5本を投入すると電子マネーnanacoの1ポイント(1円分)がもらえる――。

コンビニエンスストア「セブン−イレブン」の店頭に自動のペットボトル回収機を設置し、リサイクルを推進していく事業が、小平市で30日に始まりました。

循環型社会を推進しようと小平市、株式会社セブン−イレブン・ジャパン、小平市清掃事業協同組合(清掃組合)の三者が連携して取り組むもので、このような形での運営は全国で3例目とのことです。

30日には、同市の小林正則市長らが参加してセレモニーも行われました。

セブン-イレブン小平仲町店で開かれた除幕式の様子

5本でnanaco1ポイント

ペットボトル回収機は、キャップやラベルを外したペットボトルで投入するもので、自動でサイズなどが選別される仕組みです。中身が残っていたり、汚れているものは回収されないようになっています。

2リットルまでのペットボトルを回収でき、総量では、500ミリリットルのペットボトル約150本まで収納できます。

セブン-イレブンでは、目標として、1店舗・1日あたり300本の回収を掲げています。

なお、5本回収ごとにnanacoの1ポイントがもらえます。nanacoカードを所有していない人には、特典は特にないとのことです。

30日現在では、同市内のセブン−イレブン15店舗で設置されており、8月末までにさらに4店舗が増える予定。

市内には29店舗がありますが、設置スペース等の問題もあり、当面は計19店舗で稼動していくとのことです。

ペットボトル回収機の前で、ペットボトルを手にする小平市のマスコットキャラクター「ぶるべー」

ペットボトルを投入する、小平市の小林正則市長

 

ペットボトルからペットボトルへ

回収されたペットボトルは、週3回程度、清掃組合が回収し、一時保管します。そこから最終的にセブン−イレブンに引き取られ、再びペットボトルに製造されます。「ペットボトルからペットボトルへ」というリサイクルが特徴で、プラスチック等に再生されていく通常の方式よりも二酸化炭素の排出量を削減できるそうです。

市ではもともと「こつこつ小平『もったいない』が根づくまち」を理念にリサイクル活動などを続けてきていることもあり、担当する同市資源循環課の朝野圭介さんは

「市では2週間に1回、家庭から排出されるペットボトルの回収を行っていますが、最近は新型コロナウイルスの影響もあって、排出量が増加している状況もあります。今回の自動回収では、nanacoポイントも付くということで、地球にも家計にも優しい事業となっています。気軽にできる回収なので、ぜひご利用ください」

と呼びかけています。

 

なお、市内ではスーパーマーケット等の店頭でペットボトル回収などを行っているところが複数ありますが、これらは事業者が独自に行っている回収になります。市は、ホームページ等に情報を掲載するなど広報のサポートはしていますが(ページはこちら)、事業自体にはかかわっていません。

産官連携での回収事業は、今回が初とのことです。

同市と同社は今年3月に地域活性化包括連携協定を結んでおり、その中に「環境」をテーマにした項目もあったことから、両者で協議し、今回の事業スタートに結びついたとのことです。

セブン-イレブンでは、2017年からペットボトル回収機の設置を一部店舗で実施しており、現在、東京都、埼玉県、茨城県、沖縄県内の約369店舗(2020年6月末)で稼働しているとのことです。

セブン-イレブン・ジャパン(ニュースリリース)

編集部おすすめ

1

購入額の10~50%のクーポンがその場でもらえる―—。 そんなお得な企画「もらえる、使えるお年玉キャンペーン」が、2021年1月18日(月)から、小平市で実施されます。 同市内の参加店舗での購入が対象 ...

2

北多摩エリアの中核病院で、第2種感染症指定医療機関および救命救急センターでもある「公立昭和病院」(小平市)に、病床のひっ迫状況を確認したところ、上西紀夫院長から以下のような連絡をいただきました。 地域 ...

3

清瀬市の小売店・飲食店を応援しようという「清瀬がんばるお店応援キャンペーン」が、2021年1月15日から2月28日までの予定で実施されます(ただし、予算に達した時点で終了)。 清瀬市内で買い物をしたレ ...

4

昨年は百年前の悪夢(かのスペイン風邪のこと)がぶり返したかのような、コロナ禍が吹き荒れた一年でした。そして、その悪夢はいまだ続行中。 ふり返ってみれば、去年は七赤金星が支配する年でしたが、七赤金星には ...

5

なぜ西東京市の感染者数は多く、東村山市の感染者数は少ないのか―—。 北多摩エリアの地域メディア「タウン通信」では、1年を振り返る意味もあり、新型コロナウイルス感染症の地域の実情を改めて検証してみました ...

6

任期満了に伴う西東京市長選挙が2021年2月7日(日)投開票で実施されるのを前に、タウン通信では、立候補を予定している平井竜一さんにインタビューをしました。 平井さんは前逗子市長(神奈川県)です。 大 ...

7

任期満了に伴う西東京市長選挙が2021(令和3)年2月7日(日)に実施されるのに向け、このほど、池澤隆史前副市長が立候補を表明しました。 現職の丸山浩一市長は正式に立候補見送りを発表。後継者として、池 ...

8

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が一都三県に対して出されようとしており、その期間は概ね1カ月と見られています。 仮に1月7日から1カ月間の緊急事態宣言がされた場合、2月7日は日曜日のため、週末の外 ...

9

食品を無料で手渡すフードパントリーが、西武新宿線「田無駅」の南口前で実施されています。 公民館講座をきっかけに発足した市民団体「西東京わいわいネット」によって行われている「わいわいフードパントリー」は ...

10

任期満了に伴う小平市長選挙が2021(令和3)年4月4日の投開票で実施されるのを前に、小平市の小林洋子市議会議員(フォーラム小平)が立候補を表明しました。 小林議員は立憲民主党に所属していましたが(1 ...

11

新型コロナウイルスの感染者が増加し続けるなか、当然ながら、各市の公共施設などでも感染者が出ています。 「タウン通信」にも各市から感染者の情報が送られてきますが、西東京市の小中学校の情報を見ていて、ふと ...

12

新型コロナウイルスにより日常生活にも多大な支障が出た2020年。このウイルスに対して、北多摩エリアの“地域”はどのように対応してきたのでしょうか。 「タウン通信」では、各方面に取材をし、「そのとき」の ...

13

初詣はどこに行く? 地域メディア視点で、北多摩5市(西東京・小平・東村山・東久留米・清瀬)の初詣先をご紹介。他エリアの有名どころには目もくれず、「地元」にこだわって選定しています。もっとあるよーの声も ...

14

皆さん、初詣先はどのように決めていますか? 「毎年行き先は決まっている」という人もいれば、「今年はどこに行こうかな?」と毎年探す方もいて、そのスタンスは人それぞれ。 2021年は新型コロナウイルスの影 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.