猛暑に妄想する 短パンのススメ

2020年8月20日

タウン抄

「タウン通信」代表・谷 隆一コラム  タウン抄 

 

私は事務所に衣服を置いている。冬はジャケット、夏はスラックスと靴下をだ。

猛暑続きのなかでこの書き出しをすればピンと来る読者は多いだろうが、そう、私はふだん、だいぶ気楽な格好でいる。この原稿を書いている今は、ポロシャツと短パン。Tシャツではないだけ、今日は自分的にはフォーマルだ(今日は、月に1度の税理士が来る日でもあった)。

もっとも、当たり前だが、取材のときはそれなりの格好にする。夏の場合は、ポロシャツにスラックス。外出のときだけその格好になり、事務所に帰ると、すぐに短パンに履き替える。いや〜、短パンのなんと快適なことか。いっそ、取材先にも短パンで行ければいいのに……、と考えていて、ひらめいた。

世はオンラインを活用しての在宅ワークばやり。半年前まで想像もしなかったこの普及ぶりを見ていると、もしかしたら短パンワークもすぐに広まるのでは、と妄想が広がった。

いや、これは冗談ごとではなく、なかなかのグッドアイデアではないか? この猛暑の背景には、言うまでもなく、ヒートアイランド現象など人為的に引き起こされた部分がある。であるならば、人々がもっと努力をして、いわゆる「エコ」な生活をしていくべきである。ならば、なるべくエアコンなども使わないほうがいい。

最近はテレビをつけるたびに「命を守るためにエアコン利用を」の声が聞こえてくるが、確かにその呼びかけが必要な対象があるとはいえ、一方には「エアコンで体が冷えちゃって……」と長袖を持ち歩いている人たちもいる。問題はそこだ。

では、どういう場所が「エアコンが効き過ぎている」のか。言うまでもない。多くのオフィスだ。

なぜ、オフィスのエアコン設定温度は低めなのか。ネクタイをし(最近は無着用も一般化したが)、スラックスを着用し(しかもシャツをスラックスにインしたうえで)、靴を履いたままでいるからだ。要するに、暑くて当然の格好をしているわけである。

従って、まずはその改善から始めなければいけない。すなわち、短パンの導入である。このとき、裸足の認可を忘れてはいけない。短パンだけ導入しても、足先が保温されたままでは冷却効果は半減してしまう。私は事務所で裸足にサンダル姿で過ごしているが、ずっとデスクワークをしていると、エアコンの冷気で足先が冷えているのに気付くことがある。否が応でも、エアコンの設定温度を上げたくなるというものだ。

私自身が体験しているのだから、短パンワークのエコ効果は間違いない。もし、この短パン・裸足スタイルがビジネスシーンで広まったなら、日本中のオフィスのエアコン設定温度が2度から4度は上がることだろう。そのとき、どれだけの省エネ効果があるのだろうか。あるいは、この猛暑だって多少は緩和されるのかもしれない。

「ね? いいアイデアでしょう?」

妻に話してみた。

が、妻から帰ってきたのは、「どうかな〜」という連れない一言。

「なんで? 確実にエコ効果があるんだよ?」

強調すると、「それは分かるけど、男の人たちって、すね毛を見せるのが気にならないの?」ときた。

なるほど……。人と話す面白さというのはこういう場面にある。自分にはまったくない発想が唐突に突きつけられる。

正直言って、ふだんから短パンで出歩く私には、すね毛への意識は微塵もない。しかし、女性目線だと気になるものなのかもしれない。妻の口ぶりからすると、女性たちは短パンや短いスカートを着るときには、すねを気にしているということなのだろう。

ということは、少なくともビジネスシーン(オフィシャルな場面)に短パンを導入するうえでは、男性もすねの手入れをすべきなのだろう。しかし、それは現実的だろうか? 

というわけで、もう一度冷静になって考えてみた。どうすれば普及できるのか―—。

と、その先をイメージしてはたと立ち止まった。これはまさしく社会的圧力そのものであり、昨今でいえば、ハイヒールを履かされて苦痛の「#KuToo(クーツー)」問題と同根ではないか。

本当は短パンを履きたいのに、すね毛を隠さなければならないから履けない。あるいは、すね毛を剃らなければいけなくなる。それは、美意識の押しつけである。

この社会的圧力をひっくり返すには、大きなムーブメントが必要となる。さしずめ、反対運動としては「#KeToo(毛ーツー)」とでもなるか。いや、「#KeToo」なら、毛を見せられてイヤ、という、真逆の運動(短パン廃止運動)に展開してしまう恐れもあるが……。

——と、まあ冗談はともかく、新型コロナウイルスに直面する私たちは、さまざまなものが変わっていけるということに気付き出している。真面目な話、ビジネスにおける夏の服装については、もう少し自由度があっても良いのかもしれない。

 

谷 隆一

株式会社タウン通信代表取締役。地域紙「タウン通信」を多摩北部で約10万部発行、ウェブサイトでも地域情報を発信する。著書に『議会は踊る、されど進む〜民主主義の崩壊と再生』(ころから)、『中高生からの選挙入門』(ぺりかん社)、『起業家という生き方』(同、共著)、『スポーツで働く』(同、共著)、『市役所で働く人たち』(同)がある。

2020/8/24

猛暑に妄想する 短パンのススメ

タウン抄 「タウン通信」代表・谷 隆一コラム  タウン抄    私は事務所に衣服を置いている。冬はジャケット、夏はスラックスと靴下をだ。 猛暑続きのなかでこの書き出しをすればピンと来る読者は多いだろうが、そう、私はふだん、だいぶ気楽な格好でいる。この原稿を書いている今は、ポロシャツと短パン。Tシャツではないだけ、今日は自分的にはフォーマルだ(今日は、月に1度の税理士が来る日でもあった)。 もっとも、当たり前だが、取材のときはそれなりの格好にする。夏の場合は、ポロシャツにスラックス。外出のときだけ ...

ReadMore

2020/8/24

凄いぞアベノマスク

タウン抄 「タウン通信」代表・谷 隆一コラム  タウン抄    世の中を騒がせた“アベノマスク”だが、いや~、このマスクは本当にすごい。何がすごいかといって、その存在感だ。 下の写真(プロフィール)でもお分かりいただけるように、私は日頃メガネを着用しているのだが、医療用のマスクなどだと呼気がこもり、インタビュー時などはあっという間にメガネが曇ってしまう。 その点、布マスクは比較的通気が良く、医療用よりは快適に使える。というわけで、とりあえず手元にあったアベノマスクをいつしか私は愛用するようになっ ...

ReadMore

2020/8/24

林家久蔵さんに感動

タウン抄 「タウン通信」代表・谷 隆一コラム  タウン抄    「コロナ」で外出自粛が求められるなか、行政機関もさまざまに動画で情報を発信している。 各市長からのメッセージ動画や、健康体操などのデモンストレーション、行政機関ではないが、多摩六都科学館は館内の紹介動画などを凝った演出で発信している。 そんななか、西東京市では、PR親善大使の面々が「三密を避けよう」などと呼びかけるメッセージ動画を配信。そのうちの一人、落語家の林家久蔵さんのメッセージ動画には心底感動した。 感動した理由は、そのサービ ...

ReadMore

2020/8/24

今週号について

タウン抄 「タウン通信」代表・谷 隆一コラム  タウン抄    新型コロナウイルス感染拡大の緊急事態宣言を受け、この号(地域紙「タウン通信」2020年4月15日号)を出すべきかどうか本当に迷った。 ご承知の通り、本紙は広告が収入源であり、情報の多くが「人を集めてナンボ」という類いのもの。「人との接触を7、8割減らそう」と社会全体で頑張っているなかで、アクションを促そうという本紙の在り方は、根本からして今の社会状況に反している。 当然ながら、広告のキャンセルは続いており、付け加えていえば、この号も ...

ReadMore

2020/8/24

文化の力

タウン抄 「タウン通信」代表・谷 隆一コラム  タウン抄    4面で紹介した吹奏楽の取り組みは、時宜を得た素晴らしい企画だと思う。 収録の案内をいただいたときにぱっと思ったのは、「文化の力」だ。以前アルゼンチン人のギタリストを取材したことがあるのだが(2018年1月10日号。レオナルド・ブラーボさん)、同国の通貨危機に直面した際、人々はスーパーの前で食べ物を分け合い、共に歌う姿があったのだという。ギターを習う人も、例年以上に増えたという。 危機や困難に直面したとき、人は本能的に文化を欲するのか ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

新型コロナウイルスにより日常生活にも多大な支障が出た2020年。このウイルスに対して、北多摩エリアの“地域”はどのように対応してきたのでしょうか。 「タウン通信」では、各方面に取材をし、「そのとき」の ...

2

5000円分のレシート貼付で応募すれば、抽選で10万円分の買物券が当たるかも――。 小平市で、そんな見逃せない「ALLこだいら歳末キャンペーン」が実施されます。 小平市内の店で買い物をした総計5000 ...

3

新型コロナウイルスの影響で市民の運動不足などの懸念が生じているなか、西東京市は、ポイントがたまる健康アプリ「あるこ」をスタートしました。 健康アプリ「あるこ」の画面イメージ   ポイントは、 ...

4

東村山市出身のコメディアン・志村けんさんの銅像を東村山駅前に建てようと呼びかけたクラウドファンディング「ありがとう  志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」が、10月30日に終了し、目標額 ...

5

東村山市内の対象店で電子決済サービス「PayPay」を使用して買い物をすれば、後日最大20%相当のPayPayボーナスが付与されるという期間限定企画「がんばろう東村山! 最大20%戻ってくるキャンペー ...

6

11月20日(金)、西東京市役所で、12月の定例議会を前にした西東京市長記者会見が開かれました。 会見では、多くの時間が「新型コロナウイルス感染症」の感染状況や市の経済対策の説明に割かれました。 「コ ...

7

「石川さん、おもしろい動画があるんですよ」 カフェ「田無なおきち」「六都なおきち」の店主である佐藤うららさんから、この動画の存在を教えてもらったのが昨年12月のこと。動画のタイトルから分かるように、1 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.