2020年9月の運勢は…? 九星気学で鑑定 

気学占いは古代中国の五行思想が根本にあって、四季のそれぞれに五行(木、火、土、金、水)を配しています。

たとえば、春は五行の木性で色は青(緑)、夏は火性で朱、秋は金性で白、冬は水性で玄(黒)といった具合で、ここから、青春(春)、朱夏(夏)、白秋(秋)、玄冬(冬)という四季の異名も生まれています。

この五行による四季の名称は自然ばかりか、人生そのものをあらわしています。つまり、青春はズバリ「青春」であり青年期。朱夏は壮年期、白秋は初老期、玄冬は老年期。

さて、9月は歴の上では秋のさかり。まさに季節は白秋です。人にたとえるなら初老、人生の秋ということです。

秋といえば、陰の気の深まりとともに一抹の寂しさはあるものの、一方では実りの時であり、収穫の秋。九星の定位盤では西方位であり、酒食と喜びの星・七赤金星が当てられています。

この秋も新型コロナ禍は続いていますが、年配の方には若い方たち以上に健康に留意しつつ、ご自身の実りの秋を楽しんでいただきたいと思います。

 

今月はどの本命星の方も口中、口まわりの問題に要注意です。街ではおしゃれなマスクをしている方もよく見かけますが、そんなところで個性発揮もいいですね。

一白水星:1927年、36年、45年、54年、63年、72年、81年、90年、99年、2008年、2017年
二黒土星:1926年、35年、44年、53年、62年、71年、80年、89年、98年、2007年、2016年
三碧木星:1925年、34年、43年、52年、61年、70年、79年、88年、97年、2006年、2015年
四緑木星:1924年、33年、42年、51年、60年、69年、78年、87年、96年、2005年、2014年
五黄土星:1923年、32年、41年、50年、59年、68年、77年、86年、95年、2004年、2013年
六白金星:1922年、31年、40年、49年、58年、67年、76年、85年、94年、2003年、2012年、
七赤金星:1921年、30年、39年、48年、57年、66年、75年、84年、93年、2002年、2011年、2020年
八白土星:1920年、29年、38年、47年、56年、65年、74年、83年、92年、2001年、2010年、2019年
九紫火星:1919年、28年、37年、46年、55年、64年、73年、82年、91年、2000年、2009年、2018年

(※上記の生年表は西暦で記載しています。2桁のところは1900年代です。なお、九星気学の鑑定では「節分」が節目です。1月1日から2月3日までの間の生まれの方は、前年が本命星となります。例えば、1993年1月29日生まれの方は七赤金星ではなく、前年1992年の八白土星が本命星となります)

 

[九星別運勢]

一白水星

人脈が鍵。つき合う相手で丁半決まる⁉ 婚活は本気で勝負。

対人関係は活況を呈して、気分もあがる時。

この際、積極的に自分をアピールして、周囲の人たちの賛同、協力が得られるようにしたい。

ただし、近づいてくる人の中には自分を利用したり、ただ一緒に遊ぶだけ、という人も。

今月は相手次第で将来にも変化がもたらされるから、いい仲間との人脈を大切に。

 

二黒土星 

実力以上のことができた時は後がコワイ。欲張りすぎないで。

気が大きくなっている上に、運の強さもある。

おかげで思わぬ獲物をゲットすることもあるけれど、この世は万事バランス。

分を超えた成功は要注意。謙虚であること、周囲の人たちへの感謝を忘れてはダメ。

今月は、外よりも家庭や身近な人たちに目を向けることで、しみじみとした喜びが味わえる。

 

三碧木星 

口は災いの門、言葉もウィルスも。車、機械類の点検十分に。

夏の疲れがドッとでて、気分、体力とも低下気味。その上、得意の弁舌も裏目にでればうっかり発言連発ということに。

親切でしたことも逆恨みされるなど、人間関係にはトラブルがつきまとう。

特に金銭にからんだ話がでた場合は要注意。人ともモノとも出会いにはツキがないから、婚活や大きい買い物は控えて。

 

四緑木星 

新規着手にツキ。生活に新しい習慣を取り入れて運気アップ。

広いおつき合いのなかから、意外なチャンスがやってくることがありそう。

小耳にはさんだ話も、しっかりキャッチすることが大切。

婚活は自分がその気になりやすいだけに、信頼できる第三者の目を通すことも忘れないで。

最近聞いた健康法、ワンランク上の髪の手入れをするなど、自分なりの新しいルーティンをつくることで運気にはずみがつく。

 

五黄土星

頓挫の原因は相手にありそう。腐らず、海路の日和を待って。

華やいだ雰囲気のなかでいい調子にいっていたのに、途中で風向きが変化。

なぜか、相手のミスや周囲の状況が変わることで調子が狂ってしまう。

自分のやり方が悪かったわけではないから、落ちこみは禁物。

身内、親しい仲間にこぼしたり、頼ったりもしないほうがよい。いい案は出ず、かえって足をひっぱられる。

 

六白金星

気弱になると付け込まれる。詐欺まがいのセールスにご用心。

いつになく自信がなくなったり、迷ったり。

そんな時に近づいてくる人のなかには要注意人物もいる。相手の口車にのってつまらないモノを買ったり、不利な契約、約束をしてはダメ。

美形の異性にフラリとするのも危険。

今月は往々にして、見かけ倒しのモノや人にひっかかりやすい。

十分に休んで、本来の強い自分を取り戻すことが先決。

  

七赤金星 

買い物も飲み会もIT活用で好調。海外の情報に目を向けて。

仕切りなおして出発、という感じ。

営業活動も婚活も、やればやっただけの結果がでる時。

何事も、あれこれに目移りせずにひとつずつ形をつけていくのがコツ。

婚活やパートナー募集中の人は、自分らしさ全開で有利。

オンラインデートも、楽しいおしゃべりと明るい笑顔で、気持ちはどんどん近づきそう。

 

八白土星 

問題は深追いすればヤブ蛇。話し上手の誘導尋問にご用心。

気分は前向き、ついゴリ押しもしたくなる。でも状況はちょっと手強い。

交渉事は、エッ⁉と思ったら、すぐ引き返すのが賢明。

今月の出会いは吉凶両極端。いかにも怪しい人は論外として、いかにも「切れ者」にも要注意。

自分と何か共通点があって、安心感の感じられる人であれば、男女とも、いい関係が築けそう。

 

九紫火星

交渉事は快調。頼まれ事も多く、人の役に立って運気アップ。

上司や先輩に仕事を頼まれたり、仲間からは人生相談をもちかけられたり。

公私とも多忙で、充実感のある時。

ただし、ちょっと騒々しい仲間にひっかき回されて、思わぬ出費をするハメになることも。

長期化するコロナ禍のもとでの日常生活、以前のように仲間たちと弾けることもままならないけれど。


[鑑定家]

野村徳子/九星研究家。著書に『よくわかる気学(東洋占星術)入門』(弘文出版)、『よい名前のつけ方』(同)、『寺院参拝』(国際情報社)、『はすの花 共時性と予兆の秘密』(新風舎文庫)ほか

編集部おすすめ

1

新型コロナウイルスにより日常生活にも多大な支障が出た2020年。このウイルスに対して、北多摩エリアの“地域”はどのように対応してきたのでしょうか。 「タウン通信」では、各方面に取材をし、「そのとき」の ...

2

5000円分のレシート貼付で応募すれば、抽選で10万円分の買物券が当たるかも――。 小平市で、そんな見逃せない「ALLこだいら歳末キャンペーン」が実施されます。 小平市内の店で買い物をした総計5000 ...

3

新型コロナウイルスの影響で市民の運動不足などの懸念が生じているなか、西東京市は、ポイントがたまる健康アプリ「あるこ」をスタートしました。 健康アプリ「あるこ」の画面イメージ   ポイントは、 ...

4

東村山市出身のコメディアン・志村けんさんの銅像を東村山駅前に建てようと呼びかけたクラウドファンディング「ありがとう  志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」が、10月30日に終了し、目標額 ...

5

東村山市内の対象店で電子決済サービス「PayPay」を使用して買い物をすれば、後日最大20%相当のPayPayボーナスが付与されるという期間限定企画「がんばろう東村山! 最大20%戻ってくるキャンペー ...

6

11月20日(金)、西東京市役所で、12月の定例議会を前にした西東京市長記者会見が開かれました。 会見では、多くの時間が「新型コロナウイルス感染症」の感染状況や市の経済対策の説明に割かれました。 「コ ...

7

「石川さん、おもしろい動画があるんですよ」 カフェ「田無なおきち」「六都なおきち」の店主である佐藤うららさんから、この動画の存在を教えてもらったのが昨年12月のこと。動画のタイトルから分かるように、1 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.