生解説プラネタリウム「火星」が多摩六都科学館で

2020年9月28日

2年2カ月ぶりに火星と地球が接近するというこの秋。最も多くの星を投映するプラネタリウムとして世界一に認定された多摩六都科学館で、火星をテーマにした全編生解説プログラム「火星〜赤い惑星」が10月1日(木)から投影されます。

夜空に赤く輝く火星には、これまで幾つもの探査機が送られており、その姿や特徴は少しずつ明らかになっています。
今回はこれまでの調査で分かってきた火星の姿などを生解説で紹介します。

ちなみに、火星と地球が最も接近するのは10月6日とのこと。この前後の1カ月は、ひときわ明るい火星を眺めることができます。

 

大型映像は「HAYABUSA2」

同じく10月1日から、大型映像では「HAYABUSA2―REBORN」が上映されます。
小惑星リュウグウのかけらを持ち帰るため、再び宇宙へと飛び立ったはやぶさ2。困難を乗り越えながらミッションを成功させていくはやぶさ2の旅を45分にわたって紹介する作品です。

 

上映スケジュールは平日・土日で異なる

なお、上映時間は、平日と土日・祝日で異なります。
平日は午後2時30分から大型映像「HAYABUSA2」、午後4時からプラネタリウム「火星」。

土日と10月1日の「都民の日」は、午前10時15分からキッズ向けプラネタリウム「ペガロク〜火星に大接近」、11時35分から大型映像「タートルオデッセイ〜バンジィひとりぼっちの冒険」、午後1時から「火星」、2時30分から「HAYABUSA2」、4時から「火星」となっています。

プラネタリウムおよび大型映像は、入館料とは別にチケットが必要です。
入館料は520円(子ども210円)、プラネタリウムまたは大型映像1回の観覧付き入館券は1040円(子ども420円)などとなっています。

詳しくは多摩六都科学館ホームページへ。

編集部おすすめ

1

市庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市が、17日(日)午前10時から午後2時まで、市庁舎・西側広場で「東京清瀬市みつばちプロジェクトマルシェ」を開く。 企業とのコラボ商品などが多数販売される予定 &nbs ...

2

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテ ...

3

小平市の市民活動の“見本市”となる「元気村まつり」が、10月23日から30日まで、昨年に続いてオンラインで行われる。 60以上の市民団体が手作り動画を配信するほか、同市観光まちづくり大使を務めるタレン ...

4

暦の上では晩秋の10月。20日に秋の土用に入り、来月はじめには立冬を迎えます。その立冬前の18日間が土用期間で、秋から冬へと季節が移行する「変わり目」の時季です。 1年に4回めぐる土用(春、夏、秋、冬 ...

5

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

6

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

7

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

8

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

9

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

10

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.