やはり家が良い(前半)

在宅診療NOW

まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム

 

先日、入院が半年以上の心不全の患者さんの会議をインターネットで行いました。

60代の長身の男性の方が小柄なお母さんと一緒にモニターに出てこられ、ご本人は(家に帰ってさ、風呂入ったり、たまには外に行ってみたいものだよ)と話をされていました。

それからその日の会議で退院予定日を決めたのですが、その後、入院中に冠動脈バイパス手術をした所が詰まったり、心不全が悪くなったりとなかなか退院ができない状況が続きました。
受け手である当院もいつ帰ってくるのかなと思いながら、日々過ぎていましたが、ある日退院が本決まりし、その日は病院看護師と同行して退院となったので、我々も患者さんのご自宅で待機をしていました。

しばらくすると、患者さんは輸血、強心剤の点滴をしながら帰ってこられました。その光景には私も目が点になりましたが、患者さんの口からは(主治医の先生からはやれることは全部やるということで、今日は輸血もしてきたんだ)と言われ、「在宅」を支える医師として、この方やこれまでの主治医の気持ちに応えなければならないと改めて襟を正す思いでした。

帰ってきた翌日には(やはり家が良いな)と退院当初より顔の表情にゆとりが出ていました。
わずかながらもお母さんの手料理やマクドナルドのビッグバーガーを食べたり、また妹さんや親戚の方々としばらくの間、自宅での持続点滴をしながら過ごされたりと、穏やかな日常を取り戻されていました。
(次回に続く)

プロフィール

松原 清二

在宅療養支援診療所「まつばらホームクリニック」院長。東京医科大学卒業後、複数の病院勤務を経て、2015年5月に同院開院。西東京市を中心に、練馬区・東久留米市・武蔵野市・新座市などの一部地域を訪問診療で回っている。総合内科専門医、循環器内科医。日本循環器学会専門医、日本内科学会認定医、認知症専門医、認知症サポート医。公式ホームページ:まつばらホームクリニック

編集部おすすめ

1

新型コロナウイルスにより日常生活にも多大な支障が出た2020年。このウイルスに対して、北多摩エリアの“地域”はどのように対応してきたのでしょうか。 「タウン通信」では、各方面に取材をし、「そのとき」の ...

2

5000円分のレシート貼付で応募すれば、抽選で10万円分の買物券が当たるかも――。 小平市で、そんな見逃せない「ALLこだいら歳末キャンペーン」が実施されます。 小平市内の店で買い物をした総計5000 ...

3

新型コロナウイルスの影響で市民の運動不足などの懸念が生じているなか、西東京市は、ポイントがたまる健康アプリ「あるこ」をスタートしました。 健康アプリ「あるこ」の画面イメージ   ポイントは、 ...

4

東村山市出身のコメディアン・志村けんさんの銅像を東村山駅前に建てようと呼びかけたクラウドファンディング「ありがとう  志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」が、10月30日に終了し、目標額 ...

5

東村山市内の対象店で電子決済サービス「PayPay」を使用して買い物をすれば、後日最大20%相当のPayPayボーナスが付与されるという期間限定企画「がんばろう東村山! 最大20%戻ってくるキャンペー ...

6

11月20日(金)、西東京市役所で、12月の定例議会を前にした西東京市長記者会見が開かれました。 会見では、多くの時間が「新型コロナウイルス感染症」の感染状況や市の経済対策の説明に割かれました。 「コ ...

7

「石川さん、おもしろい動画があるんですよ」 カフェ「田無なおきち」「六都なおきち」の店主である佐藤うららさんから、この動画の存在を教えてもらったのが昨年12月のこと。動画のタイトルから分かるように、1 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.