眼科医・伊藤勇さんのコラム「日帰り手術について」

街かど診療室

保谷伊藤眼科・伊藤勇院長のコラム

 

日本ではまだ認知度が低いと思われる日帰り手術は、欧州や米国、アジア諸国ではスタンダードです。
日帰り手術は眼科を筆頭として、形成外科、整形外科、耳鼻科や泌尿器科などのマイナー外科領域で進歩してきています。

その理由として、手術器具の発達により、より低侵襲な手術が可能になってきているからです。
今や腹腔鏡手術などでメジャー外科でも日帰り手術が可能な時代です。

眼科での手術の多数を占める白内障手術において、私が手術を習い始めた際の眼球を切開する大きさは6ミリでした。
進行して機械では太刀打ちできない白内障の場合は12・5ミリの切開でこれは眼球の半分近く切る感覚です。

当然縫うわけですが、眼球は丸く、一定の力を加えると傷口は開き、感染などの危険性も増加します。そのため入院して生活管理することが求められました。

その後、切開の仕方により切開幅を小さくする方法や眼内レンズを折りたたみにしてさらに切開幅を縮小し、さらには眼内レンズをインジェクターと呼ばれる挿入器具を使用することで現在2・2ミリ切開での手術が可能になりました。

切開するナイフの形状で手術終了時に眼圧を正常値になるように眼内還流液を入れると傷口はピッタリと閉じる現状です。傷口をダイレクトに押さない限りは問題ないため、眼帯や保護眼鏡の使用を短期間するだけで大丈夫となりました。

また、高齢者の日帰り手術の最大のメリットは、日常生活をほとんど変える必要がないということです。

入院施設でのトラブルで多いのは、夜中にトイレに起きた際、入院していることを忘れていつものように布団から出たつもりがベッドから転落、暗がりの部屋をいつもの感覚で歩いての転倒などです。
また、違う環境での不安感からせん妄状態となり、夜中に家に帰ると大暴れする患者さんも多く見てきました。

全身疾患があり、10分以内の手術にも不安のある方は、入院施設のある総合病院で他科との連携で手術を受けるべきでしょう。どうしても介助が必要な方も、入院での治療が必要です。

プライベートな空間と慣れた日常を享受しながら治療を受けられることが、日帰り手術のメリットです。

プロフィール

伊藤 勇

「保谷伊藤眼科」院長。大学病院で最先端の眼科医療に携わった後、同院を開業。白内障等の日帰り手術のほか、網膜硝子体疾患手術、緑内障手術、眼科一般診療などを幅広く行っている。公式ホームページ:http://www.itoganka.com/

編集部おすすめ

1

新型コロナウイルスにより日常生活にも多大な支障が出た2020年。このウイルスに対して、北多摩エリアの“地域”はどのように対応してきたのでしょうか。 「タウン通信」では、各方面に取材をし、「そのとき」の ...

2

5000円分のレシート貼付で応募すれば、抽選で10万円分の買物券が当たるかも――。 小平市で、そんな見逃せない「ALLこだいら歳末キャンペーン」が実施されます。 小平市内の店で買い物をした総計5000 ...

3

新型コロナウイルスの影響で市民の運動不足などの懸念が生じているなか、西東京市は、ポイントがたまる健康アプリ「あるこ」をスタートしました。 健康アプリ「あるこ」の画面イメージ   ポイントは、 ...

4

東村山市出身のコメディアン・志村けんさんの銅像を東村山駅前に建てようと呼びかけたクラウドファンディング「ありがとう  志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」が、10月30日に終了し、目標額 ...

5

東村山市内の対象店で電子決済サービス「PayPay」を使用して買い物をすれば、後日最大20%相当のPayPayボーナスが付与されるという期間限定企画「がんばろう東村山! 最大20%戻ってくるキャンペー ...

6

11月20日(金)、西東京市役所で、12月の定例議会を前にした西東京市長記者会見が開かれました。 会見では、多くの時間が「新型コロナウイルス感染症」の感染状況や市の経済対策の説明に割かれました。 「コ ...

7

「石川さん、おもしろい動画があるんですよ」 カフェ「田無なおきち」「六都なおきち」の店主である佐藤うららさんから、この動画の存在を教えてもらったのが昨年12月のこと。動画のタイトルから分かるように、1 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.